サワコの朝2月6日桂文枝の創作落語は常に新しく色あせない


スポンサーリンク

[サワコの朝] ブログ村キーワード

2016年2月6日のサワコの朝。

ゲストは6代目 桂文枝

72歳。

テレビにラジオと活躍。

創作落語で新しい時代を築いた。

馴染めなかった落語口調

大学時代の桂文枝

”浪漫亭ちっく”の名前でバカ受け。

桂小文枝のカバン持ち時代。

素人口調だと叱られ続けた。

しかし師匠の言う通りではウケない。

大学時代の仲間もがっかりした。

お金を払って観る客は厳しい。

大学のスタイルのままではダメだった。

テレビやラジオの仕事は増えたけど・・・

お弟子さんを使いたい。

師匠が頼まれたラジオの仕事。

「歌え!MBSヤングタウン」。

桂文枝にお鉢が回ってきた。

入門してまだ10か月頃。

これがウケた~。

大学の時の話し方がラジオ世代にフィット。

ラジオがウケて、テレビの仕事も増えた。

でも桂文枝は素直に喜べなかった。

桂文枝の話し方は古典落語には向いていない。

30代半ばまで悩み、もがき続けた。

師匠からもアドバイスを受けた。

「枝葉は伸ばしてもいいけど幹はきちっとしておかないといけない」

新作落語ではなく創作落語

桂文紅の新作落語に影響を受けた桂文枝

「やらせてほしい」と願い出た。

自分の口調に合っていると感じた。

そこから創作落語が誕生。

35歳くらいで創作落語の会を作った。

毎月新しい落語を作って発表。

創作落語は新しいだけじゃない

39歳の時に桂文枝が作った創作落語。

「ゴルフ夜明け前」

坂本龍馬が新選組の近藤勇とゴルフ対決。

まるっきり突拍子もない話でもない。

幕末、ゴルフは既に日本に入ってきていた。

もしかすると、坂本龍馬がゴルフをしていたかも。

ちょっとありそうな話。

10年先、20年先も残る落語。

それが創作落語。

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー