スタジオパーク綾瀬はるかが精霊の守り人で本格アクション!


スポンサーリンク

2016年3月17日のスタジオパークからこんにちは。

3年ぶりに出演の綾瀬はるか。

3月19日(土)より大河ファンタジーが放送される。

「精霊の守り人」

綾瀬はるかは本格的なアクションに挑戦。

精霊の守り人のあらすじ

上橋菜穂子原作の「守り人シリーズ」

第二王子チャグムが川に落ちてしまう。

そこに偶然居合わせた女用心棒のバルサ。

チャグムを助ける。

チャグムは命を狙われていた。

狙っているのは父親。

チャグムに魔物が憑りついていると言う。

バルサはチャグムを連れて逃げることになった。

アクションが楽しみだった綾瀬はるか

「精霊の守り人」のオファーを喜んだ綾瀬はるか

アクションがあるのが気に入った様子。

映画「ICHI」でもアクションを経験。

しかし今回は内容が違う。

短い槍を扱い、ダイナミックな動きがある。

綾瀬はるかは撮影の3~4か月前から筋トレ。

基礎的な体力を付けるところから始めた。

綾瀬はるかの重心に注目

アクションの中で綾瀬はるかが気にしていたこと。

それは重心の置き方。

どの位置がカッコよく見えるのかを何度も確認。

足の開き方や向き方にも細心の注意を払った。

槍使いと回し蹴り

バルサは短い槍を使う。

この槍使いも前もって手さばき、腰の構え方などを練習。

それにボクシング的な動きが加わる。

例えば、回し蹴りとか。

撮影中は筋肉ムキムキ。

まるで馬みたいな足になっていたとか。

残念ながら、バルサは長袖長ズボン。

肝心の筋肉が見られない。

筋トレしていても筋肉痛

どんなに稽古を積んでも現場とは違う。

撮影時は足場が悪い。

バルサの靴は特徴的な靴。

最初踏ん張るのも大変だった。

筋トレして基礎的な体力を付けてきた綾瀬はるか

それでも撮影後は筋肉痛。

帰る時はまるで小鹿のような状態。

スィッチが入ると人が変わる綾瀬はるか

ジン役で共演した松田悟志が証言。

普段は穏やかな綾瀬はるかが変貌する。

スィッチが入ると人が変わってしまう。

動きがとっても速い!

怪我させちゃいけないと思っていた松田悟志。

ぼやぼやしていると自分が怪我しそうだったとか。

綾瀬はるかの本格的アクションが楽しみです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー