爆報!THEフライデーで龍円愛梨がダウン症の子育てを報告


スポンサーリンク

[爆報!THEフライデー] ブログ村キーワード

2016年4月8日の爆報!THEフライデー。

スウェーデン生まれのバイリンガル。

元テレビ朝日アナウンサー龍円愛梨39歳。

2011年34歳で退職。

今は1児の母。

女子アナからアメリカ移住

34歳で退職した龍円愛梨

その後カリフォルニア州の大学に留学。

実は退職前から遠距離恋愛。

相手は日系アメリカ人の実業家。

仕事を辞めてアメリカに渡ったのだ。

彼との同棲生活は幸せな日々だった。

そして35歳の時、妊娠。

2013年5月5日、2449gの赤ちゃんを出産。

息子ニコ君の誕生である。

幸せの絶頂から不安な日々へ

出産から2日後に退院。

龍円愛梨はニコ君の様子に不安を覚えた。

1母乳を飲まない

飲ませようとすると激しくむせてしまう。

このままでは死んでしまうのではと不安になった。

2長い睡眠

赤ちゃんは寝るのも仕事。

1日16時間眠る。

ニコ君は20時間眠り続けることもあった。

3泣かずじっとしている

一所懸命起こしてミルクをあげていた。

龍円愛梨にはニコ君のこと以外にも不安があった。

実は彼と籍を入れていなかった。

忙しくて後回しになっていた。

未婚の母。

海外で相談相手のいない状態は不安だらけ。

ダウン症と診断されて

ニコ君が心配だった龍円愛梨

様々な病院を受診するが、異常はないと診断。

出産から1か月後。

検査の結果を言い渡された。

「ダウン症」

”金槌を頭から振り降ろされた感じ”

その後一人になって感情が溢れだした。

どうして私が・・・。

何を言われのか理解できなかった。

ダウン症の子が生まれるわけがないと思っていた。

出産前診断では問題なし

35歳で妊娠した龍円愛梨

出産前診断をしていた。

母体の血液を調べる検査では陰性。

エコー検診でも異常なし。

しかし実はダウン症の特徴があった。

心臓に白い影。

ダウン症の症状の一つ、先天性心臓疾患。

その可能性があった。

医師はアジア人に見られる人種的な特徴と判断。

手足が短い、首の後ろに厚みがある。

これらもダウン症の特徴だった。

しかし白人と比べて小柄なアジア人。

正常の範囲だと判断された。

異国での出産なので、検査で見逃された可能性が高い。

ダウン症だって愛おしい

ある日、カーシートで眠っているニコ君を見た。

ただ単純に可愛くて、愛おしかった。

龍円愛梨の目から涙が溢れた。

ダウン症と聞かされてショックだった。

「この子が大切なんだ」

自分の気持ちを確認した龍円愛梨

この子は何があっても私が育てると決意。

心に沁みた母の言葉

ニコ君を育てると強く決意した龍円愛梨

しかしまだ心配事があった。

ニコ君に会っていない日本にいる両親。

ダウン症だと知ったらどう思うのだろうか。

勇気を出して日本の母に電話。

ダウン症だと告げた。

母から意外な言葉を聞いた。

「だから何?」

ニコ君は昨日と同じように愛しいでしょ。

何も変わっていないのよ。

母の言う通りだと思った。

龍円愛梨は結婚をせずに帰国することを決意。

今は年金暮らしの両親と暮らしている。

ニコ君のハンデ

2歳11カ月のニコ君はまだ喋れない。

心臓に一つ穴が空いている。

体力がついたら手術。

筋肉のハリが弱い。

足の関節が内側に曲がりやすくなっている。

じん帯が緩んでいる為、体が柔らかすぎる。

歩行時にバランスが取りづらい状態。

足首を固定するサポーターを装着。

室内でも靴を履いて過ごすニコ君。

更に左耳がほぼ聞こえない。

龍円愛梨の願いは右耳の聴力を守ること。

鼻から耳を通る管が細いため中耳炎にかかりやすい。

毎日吸引器を使って鼻詰まりをなくす努力をしている。

ニコ君の1日に密着

朝6時45分に起床。

10分以上かけて着替えるニコ君。

龍円愛梨はなるべく見守る。

ニコ君は乾燥肌。

これもダウン症の症状の一つ。

クリームでの保湿も欠かせない。

8時過ぎに療育機関「たすく」へ行く。

ここは発達障害の子の療育を助ける施設。

他人とのコミュニケーションを学ぶ場でもある。

ここで30分、週2回通っている。

その後、保育園に。

龍円愛梨は10時から仕事。

月曜から木曜までホットヨガのインストラクター。

ここでの稼ぎだけでニコ君を養っている。

夕方5時、ニコ君を迎えに保育園へ。

一番辛い夕食時間

生まれてから食欲がないニコ君。

夕食を食べさせるのが一日の中で最もたいへん。

食べたくない時は口から出す。

床に食べ物をポイ。

こんな時は映像で気を引くしかない。

歌の映像を映したタブレットをテーブルに置く。

一緒に歌って注目を引く。

映像に夢中になっているスキに次々と口に流し込む。

何十分も時間をかけて食べさせる龍円愛梨

健康でいてもらいたがい為。

ベビーサインでコミュニケーション

言葉の発達が遅いダウン症のニコ君。

でも手話ができるんです。

ベビーサインと言われるコミュニケーション術。

ダウン症教育が盛んな海外では一般的な手法。

視覚能力が高いことが多いダウン症。

手を使ったサインでコミュニケーションを取ります。

これで喋れなくても意思疎通を図ることができます。

ニコ君は300種類ほどのサインを理解。

龍円愛梨はベビーサインを使いながら言葉も教えています。

サヴァ子の教室

同年代のダウン症の子が集まることは少ない。

まずは自分が表に出て伝えたい。

「一人じゃないよと伝えたい」

それを使命だと感じている龍円愛梨

我が子をテレビに出すの葉勇気がいる。

批判されるかもしれないと言う心配もあった。

でもダウン症の育児は難しくない。

普通の子育てと同じ。

何かを達成した時の喜びが大きい。

龍円愛梨の目は希望で輝いていた。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー