ボクらの時代アワハウス出演の心と愛菜に清史郎最年少座談会


スポンサーリンク

[ボクらの時代] ブログ村キーワード

2016年4月17日のボクらの時代。

最年少のボクらが集まった。

7歳の寺田心

11歳の芦田愛菜

14歳の加藤清史郎

心ちゃんから鼻くそを付けられた!

4月17日から始まるドラマ「OUR HOUSE」

共演することになった3人の子役たち。

大人しいと思っていた寺田心

実はやんちゃだとわかった加藤清史郎

鼻くそを付けられた~。

こんな子だったのか~。

14歳の加藤清史郎から見るとまだまだ子供。

お兄さんなんで、許してあげますか。

芦田愛菜は活字病!

3歳から芸能界入りしている芦田愛菜

天才と言われる子役。

元気な笑顔が印象的。

でも球技は苦手。

走るのも得意ではない様子。

好きなのは読書。

自称、”活字病”

字を読まないとムズムズする。

本や台本じゃなくてもいい。

調味料の裏でもいいから読みたい。

本気で病気ですね。

泣く演技が苦手な寺田心

子役の鑑。

寺田心は怒られた時もアドバイスと捉える。

大人でもできない対応。

そんな寺田心が苦手な演技。

それは、泣くシーン。

涙にはいろんな涙がある。

なかなか泣けない。

声だけで泣いていることがあると反省。

本番で涙が出ないのが悩み。

いろんな涙があるとわかっているだけでも偉い。

そこに関心しますね。

子役の小遣い事情

14歳になった加藤清史郎。

小さい頃から小遣いをもらっている。

活動範囲が増える中学生。

月1500円をもらっている。

次は2000円を狙っている。

小学生の寺田心と芦田愛菜。

まだ小遣いはもらっていない。

お手伝いした時に10円とか50円とか。

大金を子供に渡していない。

これって大事~。

周囲の大人が管理してくれている。

正しい子役の育て方なのかも。

3人で飲み会!

ドラマの他に舞台やミュージカルもやる加藤清史郎。

小さい時は台本に母親が自分のセリフにマーカー。

セリフの相手もしてくれた。

加藤清史郎がすることを応援してくれる両親。

これは寺田心の母親も同じ。

セリフにマーカー。

お父さんはいない寺田心。

「お母さんとおばあちゃんが応援してくれる」

ちょっと涙ぐんでいるかな?

もしかして演技かもしれない寺田心。

でもなんかジーンと来ちゃいました。

頑張れ、心ちゃん!

 

 

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー