王様のブランチ島本理生のイノセントは恋愛がしたくなる本!


スポンサーリンク

[王様のブランチ] ブログ村キーワード

2016年5月21日の王様のブランチ。

市川真人が薦める恋愛がしたくなる本。

島本理生の最新作をイチオシ。

恋愛作家、島本理生

1983年生まれの島本理生。

小学生から小説を書きはじめる。

高校在学中に芥川龍之介賞候補に。

「ナラタージュ」で注目。

累計発行部数は35万。

島本理生の新作イノセント

島本理生の新作「イノセント」

3人の男女の恋愛物語。

主人公は徳永比紗也(ひさや)。

息子と二人暮らしの美容師。

真田幸弘は会社経営。

如月歓はカトリックの神父。

二人の男性は比紗也(ひさや)に出会い、惹かれていく。

しかし、比紗也(ひさや)には人に言えない過去があった。

比紗也(ひさや)を救える男性は誰なのか?

イノセントのラストに注目

2010年に結婚し、2011年に出産した島本理生。

今まではラストに希望を残すことを意識。

「イノセント」は希望ではなく幸福。

これまで以上に明るい気持ちにさせてくるかも。

ラストシーンに大いに期待。

島本理生に影響を与えた一冊

島本理生の恋愛感に影響を与えた本。

「情事の終わり」 グレアム・グリーン著作。

作家のベンドリックスが人妻と恋をする物語。

愛情も嫉妬も人の醜さとも向きあっている作品。

何度か映画化されています。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー