中居正広のミになる図書館!清水俊輔の聞かなきゃ良かった~


スポンサーリンク

[中居正広のミになる図書館] ブログ村キーワード

2016年5月10日放送の中居正広のミになる図書館。

入社1年のテレビ朝日のアナウンサー。

田中萌。

朝の番組「グッド!モーニング」を担当。

番組担当の清水俊輔アナの秘蔵っ子。

清水俊輔アナが教育係

2015年に入社した田中萌。

3か月の研修期間の担当が清水俊輔

社会人としてアナウンサーとしての準備。

研修を終えて感動したのは清水俊輔の方。

感動で涙!

田中萌は清水俊輔の教えに従っていた。

一人カラオケで低音を鍛える

朝の仕事を終えて退社。

仕事帰りにカラオケに寄る田中萌。

秋川雅史の「千の風になって」

低い音で歌う田中萌。

ちょっと怖い。

これは低音を出すための訓練。

清水俊輔アナに教えてもらったもの。

これが知らなきゃ良かった~。

男性と女性では声帯が違う!

東海大学東京病院ボイスクリニックの田村悦代先生。

知らなきゃ良かった~を解説。

男性と女性では声帯が違う

男性にも女性にも喉仏はある。

でも男性の喉仏は前に飛び出している。

声帯がその分長い。

低音が出やすい構造。

女性が低い音を無理に出そうとして声帯を痛める可能性あり。

高音は訓練で音域を広げることができる。

低音は伸び幅がない。

女性は無理して低音を出さなくてもいい。

清水俊輔アナがお金で解決⁈

田中萌は清水俊輔の教えに従っただけだった。

週に2回カラオケに通っていた。

お金も時間もかけた。

研修で何を教えていたのか。

「全部でいくらかかったの?」

お金で解決しようとする清水俊輔

本日のターゲットは君だったんだね。

喉を使いすぎると炎症しちゃう

生放送の番組前に発声練習をする田中萌。

更に1時間原稿を読み続け体に負荷をかけている。

この方法は大間違い。

声を出す時、声帯が振える。

男性は1秒間に約100回。

女性は約200回。

高速で振動するため潤滑油が必要。

それが気道液。

1時間も原稿を読み続けていると使いすぎ。

乾いた状態で声を出し続けて喉が炎症する原因に。

清水俊輔が更に聞かなきゃ良かった~

1時間読み続けて体に負荷をかける。

田中萌に教えたのは、清水俊輔

この他にも清水俊輔が教えたことはまだある。

中でも田中萌の心に残っている言葉。

”俺の声は何時間でも聞けるけど 萌の声は10分も聞いていられないね”

「そんなこと言ったかな・・・」

田中萌の発言に疑問を持つ清水俊輔

野球実況を担当している清水俊輔

約3時間の実況なので、声は心地よくないといけない。

そういう話はした。

「それ、盛ってない?」

自分の正当性を主張しようとする清水俊輔

先輩の大下容子アナから苦言を受ける。

「自分を疑った方がいいよ」

自分を正しいと思い込んでいると指摘。

「はい わかりました」

先輩には素直に従う清水俊輔でした。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー