ボクらの時代イノッチが朝ドラの感想を言い続けた理由とは?


スポンサーリンク

[ボクらの時代] ブログ村キーワード

2016年6月5日のボクらの時代。

森山直太朗、井ノ原快彦、秦基博。

イノッチのポジティブさが際立ちました。

後輩のバックを務めたイノッチ

ジャニーズ事務所ではグループデビューして一人前。

後輩のkinkikidsが人気者に。

社長からキンキのバックの話が来た。

後輩のバックに戸惑った井ノ原快彦

しかし長野博は手を挙げた。

長野博がやるならと井ノ原快彦も手を挙げた。

気持ちは持ちよう・・・

後輩のバックをやる時はスペシャルゲスト。

自分で勝手に設定する井ノ原快彦

それで気分は上々。

SMAPがバックの時はとても盛り上がる。

どっちのファンにとっても嬉しい。

スぺゲスなのでポーズも気合いが入る。

ステージが盛り上がるのが何より。

2回公演も気合いで乗り切る

最近はないが以前はあった2回公演。

一日で2回の公演はキツイ。

そんな時井ノ原快彦はどうするのか。

ここでもポジティブシンキング。

自分に気合いを入れるのだ。

「よっしゃ!2回目できる~」

自分を上げて乗り切るタイプだったんですね。

おばあさんの為に朝ドラネタ

NHKの「あさイチ」の司会をする井ノ原快彦

番組冒頭で朝ドラの感想を言うのは定番。

これは一人暮らしのあばあさんの為にしていたい。

一人暮らしだと誰にも感想が言えない。

誰かと共感したいおばあさんへのメッセージだった。

しかし当初は苦情も来ていた。

週に3回までと注意を受けていた井ノ原快彦

やんわりとシカト。

そのうちに井ノ原快彦を指示する人が増えてきた。

苦情ってのは目立ちますからね。

でも応援している人もいる。

それを引き出したのは井ノ原快彦の底力でしょうね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー