重版出来高畑一寸グッバイブス計画失敗で明和電機株暴落!


スポンサーリンク

[重版出来!] ブログ村キーワード

2016年6月7日放送の重版出来第9話。

最終回の一つ前。

五百旗頭回として歴史に残る神回。

週刊エンペラーの見坊が目論むグッバイブス計画。

副編集長どうしの高畑一寸争奪戦。

その勝敗や如何に!

グッバイブス計画とは高畑一寸引き抜き計画

古くは1965年の手塚治虫ワンダースリー事件以来、漫画界では珍しくない作家の引き抜き。

ワンダースリーは6話まで少年マガジン。

それ以降は、少年サンデーと同一作品が別雑誌を横断するという一大事件だった。

今回の週刊バイブスと週刊エンペラーの抗争も同じ結果になる危険性があった。

ツノひめさまの高畑一寸。

自分がこのままツノひめ一本で終わってしまうのではないかという危惧を持っていた。

もっと人間のダークな面を描いた作品を作りたい。

そんな高畑一寸の気持ちを見透かしていた週刊エンペラーの見坊副編集長。

ある日、インスタグラムで高畑一寸と一緒にいる恋人梨音を発見。

位置情報割り出しで梨音の現在位置に直行。

そこで高畑一寸の恋人梨音に取り入り、高畑一寸の携帯電話番号を入手。

高畑一寸との面会にこぎつける。

ツノひめさまに見えるダークな一面

高畑一寸の新局面開拓願望。

そこにつけいる週刊エンペラーの見坊副編集長。

高畑一寸先生のもっと硬派な一面を見てみたい。

高畑一寸も初期の頃はダークな精神性を描いた漫画を描いていた。

でも、それでは連載はとれなかった。

そんな高畑一寸の潜在的願望をくすぐる週刊エンペラーの見坊副編集長。

もうそろそろ、先生の好きなものを描いていいんじゃないですか?

エンペラーのネームを書き始める高畑一寸

月一で連載を落としそうになる高畑一寸。

その高畑一寸が異常なほど早く原稿を上げてくる。

なんかあるなと思った五百旗頭副編集長。

案の定、高畑一寸は週刊エンペラーのネームを書き始めていた。

五百旗頭の古傷をえぐる見坊

書店で井上佳ニ作のHITTI POTTIの新刊を求める五百旗頭。

4000万部の大ヒット作品。

そこへ偶然居合わせたように、見坊が声がけする。

ご購入有難うございます。

私、ずっと井上先生の担当で。

井上先生、酔っぱらうとよく五百旗頭さんの話をするんです。

かなりの信頼関係を築かれていたようで。

いつも言ってます。

あいつは俺を裏切った。

土壇場で俺の連載キャンセルして。

ならエンペラー行くっていったら。

好きにしろっと冷たくあしらわれた。

俺は一生、五百旗頭を許さない。

もったいないこと、されましたね。

では失礼します。

いつも正しい編集者とはなにか。

そう自問自答してきた五百旗頭。

自分の想いが全然伝わっていなかった事に気付く。

表面的には理性的に見える五百旗頭。

情熱は口にしなければ伝わらない事を思い知った。

高畑一寸が書いた週刊エンペラー向けネームの秘密 

五百旗頭副編集長に作家の伴走者たれと言われた黒沢心。

作家の読者のままでは良き編集者になれない。

ツノひめさま打ち切りも辞さない覚悟で高畑一寸に体当たり。

終らせるなら立派に終わらせるまで週刊エンペラーの仕事はさせません。

黒沢心の勢いに高畑一寸が手渡した週刊エンペラーのネーム。

それはツノひめさまの最新版だった。

twitter上で明和電機株大暴落!

上記のような愛のあるtweetで明和電機株は大暴落。

disられている自分をリツィートする週刊エンペラーの見坊副編集長。

これでめでたく明和電機社長に復帰です。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー