神スィング稲村亜美5月13日ロケ蒲田で朝までハシゴの旅!


スポンサーリンク

[笑ってコラえて] ブログ村キーワード

2016年6月14日の笑ってコラえて!

神スイングの稲村亜美

5月13日の朝までハシゴの旅~!

行先は蒲田。

どうして蒲田なのか?

そこにバッティングセンターがあるから~

ジャイアンツエースの球を打つ稲村亜美

5月4日放送のハシゴ旅・荻窪編。

バッティングセンターの取材を断られた稲村亜美

もう一度バッティングセンターに挑戦。

JR蒲田駅東口近くにあるATHELECITTA’蒲田。

稲村亜美が打つのは時速110キロ。

ジャイアンツのエース、菅野智之の球。

「巨人のエースに負けません」

1球目は余裕で見逃す稲村亜美

菅野智之の球は見切った。

ヒット性の辺りは24球のうち13本。

打率は5割4分2厘!

「110キロなんてボールが止まって見えるわ!」

超高速時速140キロに初挑戦の稲村亜美

「速っ!」

球が速すぎて見えない。

でも2球目当てるのがスゴイ!

そして、3球目。

これはカメラマンを直撃!

アブナイ、アブナイ。

防具付けていたんで助かった・・・。

本日の神スィングはここまで。

飲みに行きましょう!

四国って何?

最初の店は串揚げ屋。

”居酒屋 串あん 蒲田店”

「おいでおいで」と呼ばれた稲村亜美

男性陣に合流。

「神スイングの人でしょ!」

神スィングはメジャーですね。

初打席は生ビール。

愛媛から新幹線で来た男性。

もっとブスだと思っていたらしい。

「めっちゃカワイイ」と言ってくれた。

ここで問題。

愛媛はどこにあるのでしょう。

四国だとわかった稲村亜美

四国は愛媛のほかに何があるのか?

「長崎・・・岐阜、島根」

愛媛以外全てハズレ。

地理は苦手だった神スイング。

でも食欲は旺盛です。

肉、玉ねぎ、帆立と串揚げを食べた稲村亜美

お代はお父さんたちに奢ってもらいました。

ごちそうさまです。

常連たちは立ち飲み?!

2軒目。

”ちゃい九炉 是空 蒲田東口店”

男性に誘われて入ったお店。

常連たちは立って飲んでいる不思議な店。

第2打席はホッピーで乾杯。

ここの店長は21歳女性。

若いですね。

カウンターにいた男性をバイトだと勘違いした稲村亜美

こちらは社長です。

勘違いされたのに、社長の威厳でお代をチャラに。

有難うございました。

Sponsored Link


ダルの球を打った男

”大衆ビストロ GABRI”

ビストロに入った稲村亜美

「いつも観てるよ~大好きだよ所さん~」

投げキッスで所ジョージへアピールする女性。

でも、稲村亜美は隣の男性3人組の席へ。

こちらは仙台から出張で来たグループ。

稲村亜美の荻窪ハシゴ旅を見てくれていた。

ありがとうございます。

稲村亜美が注文したのは赤こぼれスパーリングワイン。

それを桝で受けている。

まるで日本酒のよう。

桝を”うす”と言ってしまった稲村亜美

野球以外は天然なのか、酔っているのか・・・。

男性のうち一人は甲子園出場経験者。

ライト5番。

岩手の一関第一高校。

ダルビッシュと同じ世代で試合したこともある。

ダルビッシュの球を打ったこともあります。

サードゴロとショートゴロ。

惜しかったですね。

ここは記念撮影でタダにしてもらいました。

野球トークで盛り上がり!

広島カープファンの店の前。

常連さんたちに捕まる稲村亜美

プロ野球ニュースにも出演している稲村亜美

さすが野球ファンには有名です。

第5打席は、生ビール。

マニアックな野球トークで盛り上がる。

しかし付き添いの石原ディレクターは付いていけない。

30分でお暇いただきました。

役者さんが店員の店

から揚げ居酒屋、”がぶりチキン。蒲田店”。

「よっ!いい女~」

面白い掛け声で乾杯する店。

店員のもりぞーさんは役者もやっている。

最近やったの役は極悪なチーマー。

その時のセリフをお願い。

「おまえ何しとんじゃ、こらぁ~」

カメラの前ですごむもりぞーさん。

セリフを終えると、

「みたいな感じです ごめんなさい本当」

心優しい大男なんです。

笑うと目が細くてちょっと垂れます。

モリゾーさんは平成生まれの25歳。

もっと上に思っていた稲村亜美

”昭和の匂い、プンプン”と言っちゃいました。

昭和の匂いのもりぞーさんの男気でタダに。

延長戦はキャサリンの店で

すっかり明るくなって始発の時間。

稲村亜美は延長戦へ突入。

朝までやっている店を発見。

仕事終わりのスナックのママたちが飲んでいる。

”居酒屋 のん太”

8打席目は緑茶割り焼酎。

カウンターの後ろは写真がたくさん貼ってある。

カウンターには高く積まれたロウソク?

いえいえ、違います。

常連さんが飲んだボトルのキャップ。

それを積み重ねて、まるで黄金のタワー。

その上にフィギュアを飾っています。

お店のママは金髪。

蒲田のキャサリンと呼ばれています。

御年、71歳!

そうは見えません。

お肌のツヤもハリもしっかりしてます。

素晴らしい。

アルコールもタバコも苦手なキャサリンさん。

自慢は特製のタマゴサンドウィッチ。

「美味しい~」

稲村亜美もビックリ。

タマゴ焼きのサンドイッチ。

「パンはここで焼いているんですか?」

「じゃないでしょ!!」

常連客に突っ込まれる稲村亜美

飲みすぎたかな・・・。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー