プレバト!梅沢冨美男の句は語順も仮名遣いも駄目と夏井先生


スポンサーリンク

[プレバト] ブログ村キーワード

2016年8月18日放送のプレバト!

特待生から名人に昇格した梅沢冨美男

最近「名人、名人」と声を掛けられる。

まんざらでもない。

そんな梅沢冨美男の鼻が折れた。

帰省ラッシュの写真で一句

帰省で混雑している新幹線のホーム。

その写真で一句。

梅沢冨美男の句は。

「缶ピース 線香代わり 墓洗ふ」

缶ピースはタバコの銘柄。

亡くなった父親が好きだった缶ピース。

線香代わりに缶ピースを添えて、

墓を洗ってお参りした様子を詠った。

夏井先生の感想

梅沢冨美男の句を夏井先生はどう思うのか。

季語は”墓洗う”。

新幹線の写真でこの句で発想する。

「さすが名人」

「具体性をもって映像をきちんと作る事を丁寧にやっている」

あ~、持ち上げた後の夏井先生は怖い。

1ランク降格!

夏井いつき先生の査定結果。

「1ランク降格!」

梅沢冨美男の目が更に小さくなった。

目が点状態。

「あれ、褒めてなかった?」って感じ。

でも、現実は厳しい。

降格の理由は何なのか?

「名人にあるまじき語順のミス」

梅沢冨美男の致命的なミス

夏井いつき先生の解説。

墓石を洗い浄めてそれから線香を立てる。

それが一般的。

「火を点けてから墓洗います?」

ごもっともである。

映像として最後に火をつけた缶ピースが残る。

それでこそ思いが行くってもの。

先に火を点けて線香代わり。

墓洗ったら消えちゃう。

それと歴史的かなづかいの使い方。

下の句で”洗ふ”。

それならば、中の句は”代はり”にならなきゃ。

詰めが甘かったか~。

特待生はツラいよ

夏井先生の指摘は続く。

缶ピースが線香代わりだとは誰でもわかる。

「普通の特待生じゃないんだからこれぐらいわかってよ」

中の句をバッサリ切る夏井先生。

それをにらんだ目で見る梅沢冨美男

思わずMC浜田雅功がツッコミ。

「何ちゅう顔をしとんねん!」

他人のドン底は蜜の味。

浜田雅功は嬉しくてたまらないのです。

夏井いつき先生の添削

夏井先生が梅沢冨美男の句をお直し。

「墓洗う 父の愛した 缶ピース」

これで語順のミスは解消。

墓を洗ってから缶ピースを線香代わりに供えている。

「これぐらい名人ならやれよ!」

夏井先生の言葉にたじろぐ梅沢冨美男

梅沢冨美男にも言い訳がある。

「”缶ピース”が最後に来ると嫌がるかなと・・・」

夏井先生の顔色をうかがった句でしたね。

この言葉が夏井先生の逆鱗に触れる。

「その判断もつかないんだからもう一つ落とそうか?!」

「やめて・・・」

プレバト師範の道は険しいのです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー