リオ2016五輪男子400mリレー銀メダル武井壮が解説!


スポンサーリンク

2016年8月20日。

リオ五輪が行われているブラジル。

日付は8月19日。

日本の陸上界が驚いた。

男子陸上400mリレー。

日本チームが銀メダルを獲得。

アメリカを抜いた。

躍動する若きアスリートたち

リオ五輪、男子陸上400mリレー。

予選で日本は2位だった。

タイムは37秒68。

アジアの新記録。

そして、決勝。

日本は第5レーン。

予選と同じメンバーで世界に挑んだ。

男子陸上400mリレー決勝

決勝。

第一走者の山縣亮太は好スタート。

ダッシュが成功。

第二走者は飯塚翔太。

バトンまでの距離が遠く感じた。

飯塚翔太は山縣亮太を信じた。

上手くバトンをキャッチできた。

第三走者の桐生祥秀で加速。

第四走者のケンブリッジは粘りの走り。

ジャマイカのボルトの背中を追いかけた。

結果は2位。

日本のタイムは37秒60。

予選タイムを上回った。

武井壮が男子陸上400mを解説

男子陸上100m。

日本は一人も決勝に出場者がいない。

9秒台の選手もいない。

それなのにどうして銀メダルを取れたのか?

「胸いっぱいサミット!」で武井壮が解説。

日本のアンダーハンドパス

リレーはチームプレー。

そして、日本にはバトンの技術がある。

アンダーハンドパス。

通常のバトンパス。

腕をうんと伸ばして渡す。

走者と走者の間は約2m。

少しでも早く渡すことができる。

日本は体のすぐ近くに腕を置く。

このバトンパスの利点。

走者同士の距離が近いこと。

前の走者が全力で走ってもミスしづらい。

今回は身体から50センチほど離した。

その分少しでも早くバトンを渡せる。

しかも距離も近い。

世界一のバトンの技術。

バトンの技術だけでは銀メダルは取れない

日本はバトン技術で銀メダルを取ったのか?

武井壮はそうではないと分析。

バトンの技術で縮められる距離はわずか。

それなのに9秒台の選手たちを上回った。

日本選手たちに能力があるから。

多くの世界選手にびびっているだけ。

本来は同じくらいの能力がある。

だから、チームではその力を発揮できる。

日本人が単独でも力を発揮できる日。

そんな日が来る。

楽しみでしょうがない。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー