大河ドラマ真田丸で家康が三成に使った君側の奸の意味とは?


スポンサーリンク

[真田丸] ブログ村キーワード

2016年8月14日放送の真田丸。

第32回「応酬」。

豊臣秀吉が死去。

勢力を伸ばす徳川家康。

抑えようとする石田三成。

徳川家康から石田三成へ屈辱の言葉。

君側の奸」とは?

君側の奸の意味

”君側”とは主君の側という意味。

”奸”とは悪い部下。

主君を自分の思うままに操り、

悪いことをしようとしている部下ってこと。

普段、あまり使わない言葉ですね。

何言ってんのかわからず。

思わず聞き返しちゃいました。

石田三成が君側の奸?

豊臣秀吉が死去して一つの時代が終了。

跡継ぎの息子はまだ幼い。

豊臣を守りたい石田三成。

秀吉に代わろうとする徳川家康。

ほかの大名たちとの絆を結ぼうとします。

手っ取り早く行われる政略結婚。

これは秀吉の遺言に反する行為。

それを正そうとする石田三成。

豊臣政権から離脱するように強く言います。

この時に反対に言われるんですね。

「君側の奸」と。

石田三成の方が義理がたい人なんですけどね。

徳川家康の方が一枚も二枚もうわて。

負けちゃうんですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー