王様のブランチ直木賞辻村深月の最新作で語る東京會舘の魅力


スポンサーリンク

[王様のブランチ] ブログ村キーワード

2016年9月3日放送の王様のブランチ。

直木賞作家・辻村深月の最新作。

東京會舘とわたし」(上)旧館と(下)新館。

東京會舘を巡る感動の物語。

辻村深月と東京會舘

「鍵のない夢を見る」で直木賞を受賞。

東京會舘は直木賞記者会見会場。

辻村深月とのつながりはその前から。

結婚式を東京會舘で挙げていた。

東京會舘のスタッフにその話をした。

「勿論覚えてますよ おかえりなさいませ」

辻村深月は熱いものを感じた。

「本当に書きたかった物語!」

本の帯の言葉に東京會舘への想いが込められている。

刊行記念フェアコース

東京會舘は建替えの為休業中。

営業再開は平成18年度。

東京會舘に行けない~。

でもご安心を!

浜松町東京會舘をご利用ください。

「東京會舘とわたし」の刊行記念。

9月30日までフェアコースをご用意。

コースのお値段はサービス料別で6500円。

舌平目の洋酒蒸ボンファムも含まれる。

最初に結婚式を挙げたカップルにも使われたメニュー。

看板メニューで歴史を感じてほしい。

取材をもとにしたリアルな物語

お礼の手紙をくれるお客様もいる。

その思い出を取材に行った辻村深月

スタッフにも取材。

ある老婦人の物語を書いた。

一人でレストランの訪れた老婦人。

夫が生きていれば金婚式のはずだった。

その話を聞いたスタッフ。

黙ってもう一人分テーブルセットを用意。

「ここに来れば何時でも夫にあえるのだ」

お客様に寄り添うスタッフの姿が見えた。

東京會舘のプティガトー

「家に持ち帰る本格的なクッキーを作ってほしい」

事業部長の田中の提案。

その熱意に動かされのは初代製菓長、勝目清鷹。

それが”プティガトー”。

たっぷりのバターを使ったクッキーが大人気となった。

日本と東京會舘の成長物語

1922年から始まった旧館。

1972年に建替えをした新館。

2代の東京會舘を描いた物語。

東京會館の成長の物語であり、

近代日本の成長の物語でもある。

たくさんのエピソードの中に共感できるものがある。

そして移り変わった時代を感じられる1冊。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー