沸騰ワード10北海道秘境の立ち食い駅そばは音威子府の常盤軒


スポンサーリンク

[沸騰ワード10] ブログ村キーワード

2016年9月30日(金)放送の沸騰ワード10。

音威子府駅構内にある常盤軒。

東京から9時間。

旭川-音威子府間の片道運賃2810円。

このお金を使っていくらの蕎麦を食べに行くのか?

常盤軒の歴史

北海道で人口が一番少ない村”音威子府”。

そこに大行列ができているとの紹介です。

常盤軒をきりもりするのは西野守さん80歳。

ほぼ50年、この駅でそばをつくり続けている。

この店は昭和初期から存在。

単純計算で90年を超える歴史。

その当時、2本の鉄道が乗り入れし、鉄道の町として栄えた音威子府。

常盤軒の場所

関連ランキング:そば(蕎麦) | 音威子府駅

 音威子府そばの特徴

甘皮ごと製粉するので真っ黒な蕎麦。

風味が強く、風味がよく食感の強い蕎麦。

黒いのにぼそぼそせず、歯ごたえあり。

地元、畠山製粉自慢の蕎麦を使用。

そして旨味をひきたてる秘伝のつゆ。

利尻産の昆布と煮干しで出しをとっている。

お値段は天そば470円。

そして、苦労して辿り着いたのに食べられない危険性が!

1日250杯限定なんです。

夏は9時半、冬は10時から営業。

早めにいかないと売り切れます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー