ボクらの時代10月9日50歳を超えたふぞろいの林檎たち!


スポンサーリンク

[ボクらの時代] ブログ村キーワード

2016年10月9日のボクらの時代。

懐かしいメンバーが集まった。

中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾。

1983年のドラマ「ふぞろいの林檎たち」

主題歌サザンの”いとしのエリー”が大ヒット。

あの時の若者には嬉しい時代である。

中井貴一と柳沢慎吾ばかり叱られた

33年前、ドラマ「ふぞろいの林檎たち」。

当時、中井貴一と柳沢慎吾は21歳。

時任三郎は24歳。

中井貴一と柳沢慎吾ばかりよく叱られていた。

とあるリハ。

時任「よく来たな上がれよ」

その後何かを置く動作をした。

それは友人たちの為のビールを飲ませる為。

「いいですね」と採用された時任三郎のアイデア。

しかし、同じことを柳沢慎吾とすると・・・。

「余計な芝居すんなよ!」と一喝。

しかもその様子をカメラに撮っていた時任三郎。

他の二人と比べて余裕。

時任三郎は既にドラマや歌で活躍中だった。

ドラマの演出家による扱いも違っていたのかもしれない。

地獄の高尾山リフト

演出家から叱られたのは柳沢慎吾だけではない。

中井貴一も同様だった。

演出家に萎縮していた中井貴一。

人生で初めてのこと。

共演の中島唱子と高尾山にリフトで登るシーン。

こてんぱんに叱れれた。

何度もリフトで登った。

何が悪いのか今もわからない。

演出家のキメ台詞は「自分で考えろ」

「なんか言ってよ~」と思っていた中井貴一。

時任三郎には楽しい時間

ドラマ「ふぞろいの林檎たち」

男3人、女3人の物語。

6人の芝居で立ち位置から「自分たちで考えろ!」

演出家からの宿題。

時任三郎は考えるのが楽しかった。

こういう思考が余裕を作るのかもしれない

中井貴一も「今思えば財産」だと話す。

当時は地獄だと思っていたこと。

しかし、今はリハなどしない、怒られもしない。

今の若い子が経験できないことができた。

中井貴一のアドリブに翻弄⁈

意外と几帳面な柳沢慎吾。

台本では自分のセリフを定規で赤線。

この線が曲がるとダメ。

時任三郎の独特なセリフの間には悩まされた。

イメージ通りの芝居ができなくなる。

そんな柳沢慎吾を中井貴一はアドリブで弄ったことがある。

柳沢慎吾が台所でトマトを切っているシーン。

茶の間では他のメンバーはピーナツを食べている。

柳沢慎吾のセリフの途中で中井貴一がピーナツを投げた。

頬に当たったピーナツ。

柳沢慎吾はセリフが飛んでしまった。

こんなの台本にない~。

真剣な顔で「どこ?どこで投げるピーナツ?」

しかし、中井貴一は打ち合わせ通りにしない。

「やられた~」

演出家には叱られ、中井貴一にはいじられていた。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー