ノンストップ10月4日大江千里が歌を封印した理由とは?


スポンサーリンク

[ノンストップ] ブログ村キーワード

2016年10月4日放送のノンストップ!

1983年にデビューした大江千里

シンガーソングライター。

ヒット曲は多々。

「十人十色」「コスモポリタン」等々。

黒縁メガネがチャーミングだった。

しかし、2000年代後半。

大江千里は日本のメディアから消えた。

大江千里が消えた理由は何だったのか?

ジャズピアニストに転身

とっても可愛い男の子だった大江千里

現在、56歳。

今は可愛い男の子ってわけにはいかない。

黒縁メガネはそのまま。

しかし、太ったな。

顔の大きさが変わった。

やはり、オジサンになっちゃうんだ。

そして、現在の職業は?

ジャズピアニスト。

大江千里はもう歌わない。

その理由とは?

大江千里を続けるツラさ

80年代から90年代の音楽をリードした大江千里

ドラマに、司会、パネラーとマルチに活躍。

順風満帆に見えた人生。

しかし、大江千里は悩んでいた。

大江千里大江千里を始めたのは17歳か18歳の頃。

ポップで胸キュンな歌が人気だった。

しかし、年を重ねると気持ちに変化が生まれた。

リアルな自分とのギャップに苦しんだ。

大江千里のキャラを壊すことはよろしくない。

そのストレスで悩んだ。

30歳で辞めるはずだった

アーティスト活動は30歳まで。

密かに決めていた大江千里のルール。

それが、ある曲がキッカケで守れなくなった。

「格好悪いふられ方」

大江千里史上最高のヒット。

30歳だったのに、辞められなくなった。

「辞めていれば違う人生があった」

47歳の時に人生最大の決断

大江千里、47歳の時。

NYでピアノを勉強することにした。

連れは1歳のイヌと小さいピアノ。

自分の子供のような若者たちと勉強。

4年半学んだ後、そのままNYで音楽活動。

シーラ・ジョーダンに認められて

ジャズボーカリスト。

シーラ・ジョーダン。

87歳とは思えない歌声。

日本ではあまり有名ではないが、NYでは超有名。

彼女に認められた大江千里

これはジャズピアニストには嬉しい限り。

自分を認めることができた

東京のとあるライブハウス。

大江千里がジャズピアニストとしてライブ。

かつてのファンも集まった。

大江千里の指が魔法のように音楽を奏でる。

もう、シンガーソングライターではない。

そして、後半。

大江千里がヒット曲メドレーを弾いた。

感激して涙を滲ませるファンたち。

大江千里の心にも変化が起きていた。

以前、ストレスを感じていた大江千里という存在。

しかし、自分の曲を聴くと、

「なんて頑張って作ってたんだ」

自分の曲の良さを再認識。

過去の自分のことを認められるようになった。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー