スッキリ箱根駅伝3連覇挑戦青山学院の秘密兵器ルーキー鈴木塁人!


スポンサーリンク

[箱根駅伝 2017] ブログ村キーワード

箱根駅伝まであと15日。

青山学院大学陸上部は千葉・富津市で直前合宿。

この合宿は箱根駅伝エントリーメンバー16人を選出するための合宿。

練習メニューは3キロ走×4本。

原監督の談話

11月・12月前半の流れは毎年同じことをしている。

昨年と対比して昨年並み、それ以上の仕上がり。

2チーム作ってもシードが取れると強気発言。

それは選手層に厚みがあるからいえること。

出場予定上位10人 10,000m平均タイム

1位 青山学院大学 28分31秒54

2位 山梨学院大学 28分55秒93

3位 日本体育大学 28分56秒58

4位 駒沢大学   29分00秒63

5位 東海大学   29分00秒95

今年新たに取り入れたこと

練習直後のジャンプ。

これは心拍数を上げ、心肺機能を強くするトレーニング。

アップダウンの激しい箱根を見据えての練習。

目途は脈拍90以上。

それが一段落したら200m×5本。

青山学院大学はエントリーメンバー16人中半分が優勝経験者

  • 一色恭志(4年)青学の絶対エース
  • 田村和希(3年)出雲・全日本で区間賞
  • 安藤悠哉(4年)キャプテン
  • 下田裕太(3年)東京マラソン日本人2位

一色恭志選手の挑戦

この主軸がきちんと結果をだすのが絶対条件。

一色恭志は2区確定。

2年連続花の2区を経験。

東京マラソンでは日本人3位。

全日本ではアンカー。

一色恭志選手の特徴はバランスの良さ。

肩、腰、右、左が全くぶれない。

効率的な動きが体力を温存できる。

2区で日本人が66分台を出している人が全然いない。

その66分台を自分が狙いにいく。

Sponsored Link


本戦前に知っておきたい注目ルーキー鈴木孝塁人

関東インカレ男子2部5000m決勝で3位。

13分58秒48という記録。

出雲駅伝では1区。

トップとタイム差10秒で責任を果たした。

10000m記録挑戦競技会。

記録は28分31秒66で3位。

しっかり1年目からレギュラーを取るという気持で試合に臨んだ。

両親が塁人(たかと)と名付けた理由

鈴木選手のお母さん。

中学時代にソフトボールのマネージャー。

そして高校は野球部のマネージャー。

そして父親も高校野球選手。

両親には野球選手として期待されたのだ。

原晋監督も鈴木塁人選手はガタイが違うと絶賛。

野球で作った体は、どのメンバーよりも強靭だ。

心配な5区の距離が2.4キロ短縮

今までは山の神、神野に頼り過ぎていた。

もし他大学に山の神が現れたら?

それはそれで仕方のない事。

原晋監督は、この距離短縮を前向きにとらえている。

3連覇がかかった箱根駅伝2017.

サンキュー大作戦は成功するのか?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー