ミヤネ屋青山学院原晋監督と妻美穂さんの夫婦二人三脚秘話!


スポンサーリンク

[ミヤネ屋] ブログ村キーワード

2017年1月6日(金)包装のミヤネ屋。

青山学院大学原晋監督がゲスト。

青学3連覇偉業の裏側。

原監督夫妻の二人三脚秘話を放送。

今年初の全体ミーティング

次なる高みを目指してね。

チャレンジ精神を忘れることなく

新しい青山の最強の軍団を作っていきましょう。

ホッとしたというのが今の素直な感想なんですよ。

いきなり胃の痛みがなくなりました。

私はもともと10年間、普通のサラリーマンを中国電力時代やっていたんですね。

かって伝説の営業マンと言われた原晋監督。

しかも監督になるまで指導者経験ゼロ。

妻の美穂さんは最初は反対。

だけど一生愚痴を聞かされるぐらいなら思い切って勝負してみたらと後押し。

しかし青山学院大学とは厳しい約束があった。

3年から5年で箱根駅伝出場。

5年から9年でシード権。

10年で優勝。

結果を残さなければ、妻美穂さんに一生愚痴を言われる立場だったのだ。

選手の母としての妻美穂さん

原監督の妻美穂さん。

選手ってどんな存在ですか?

家族というか、可愛い感じ、子供みたいな。

夫婦で寮に住み込み選手の生活面をサポート。

毎朝6時から寮に住む選手40人分の食事を準備。

選手の何気ない雑談から時には悩みの相談を受けることもある。

”やはり親御さんと離れて、ここで生活しているので、必要な時は親の代わりになれればと。”

青山学院大学10区主将安藤悠哉選手(4年)の感想

グチとか相談とか全部”奥さん”にできて。

厳しいことも言ってくれますし、優しい言葉もかけてくれますし。

青山学院大学7区田村和希選手(3年)

監督には言えないことを言えたりというのもあるし。

寮に住んでいる限りはお母さん的存在かなと思っています。

原監督が監督に就任したのは2004年。

それ以来、寮の入口にある管理人室で二人暮らし。

夫婦喧嘩すると声が全部筒抜け。

リビングの奥には6畳間が二つ。

狭いでしょ。家じゃないですよ。

まさしくザ・管理人部屋です。

原監督と妻美穂さんが結婚したのは1995年。

今では夫は監督で妻は選手の母親代わり。

夫婦二人三脚で三連覇の礎を築いてきた。

監督就任から13年目。

夫婦の明るさはチームの明るさへ。

影の番長美穂さんのぶっちゃけ

原晋監督は手のかかるガキ大将。

妻美穂さんの仕事

  • 食事の世話
  • 体調管理
  • 恋愛相談
  • 監督への要望・グチの受付

日常生活を通じて選手のコンディションを完璧に把握。

田村選手の不調を予想

ちょっと(田村)和希が体調悪かったから最悪のパターンも考えられるよと言ったら

(下田)裕太は俺に任しとけみたいな言葉を言ってたので。

その言葉にたがわず2位との差を5分以上に広げた。

箱根駅伝では沿道で声援

選手が来る前に周りを仕切る。

選手が通過する頃には沿道全員応援団。

妻美穂さんの肝っ玉が選手の心を支えている。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー