人生最高レストラン長嶋一茂お薦め肉割烹安参は会計ドキドキ


スポンサーリンク

[人生最高レストラン] ブログ村キーワード

2017年3月11日の人生最高のレストラン。

長嶋一茂、体が反応した味とは?

長嶋一茂がここ10年間考えていること。

それは太古時代の食事。

男性がパワーを蓄える料理とは?

長嶋一茂がイメージしているもの。

それは”はじめ人間ギャートルズ”。

男が狩りをする時代。

前日の夜の食事はパワーを蓄えるもののはず。

男が元気になる、反応する食事をプレゼン。

1軒目は、目黒のうなぎ屋、にしむら。

2軒目は、田園調布の焼き鳥屋、鳥鍈。

3軒目は、京都の肉割烹、安参。

3軒目の安参に注目。

先付け代わりのタン刺し

長嶋一茂が紹介してくれた安参。

読み方は”やっさん”。

赤ちょうちんの店は、肉割烹店。

ちょっと聞き慣れないジャンル。

特徴的なのが、生肉の提供。

タン刺し。

こちらの店では”ツンゲ”と呼ぶ。

焼かずに生で食べるっことに驚愕!

濃い色の蔵だし醤油ベースのタレ。

その上に新鮮なタン。

たっぷりの小口の九条ネギが薬味。

そして、和がらしを付けて食べる。

心臓はニンニクパウダーで

生肉とは思えないヘルツ(心臓)。

まるで熟したトマトのような見た目。

これはニンニクパウダーをかけて頂く。

歯ごたえはない。

口の中で溶ける不思議な食感だと言う。

タンがツンゲで、ハツがヘルツ。

呼び方が医療用語になっている。

常連の中に医療関係者が多かったのが由縁だとか。

関連ランキング:牛料理 | 祇園四条駅三条京阪駅三条駅

YOUも絶対食べたい煮込み&おでん

肉割烹、安参の〆料理。

それは盛り合わせ(煮込み&おでん)。

味の染みこんだゆで卵。

そして、艶のある牛肉。

YOUも思わず「うわっ、絶対美味しい!」

食べていないのに、絶対的な美味しさが漂う。

この肉は煮込み用の肉ではない。

最高級の肉を使っていると言う。

再び、驚愕である。

尚のこと、食べたくなる。

味付けは赤と白の味噌。

70年間継ぎ足して作られている。

まるでビーフシチューのよう。

いやはや、これだけでも食べたくなる。

メニューのない店

京都、肉割烹”安参”。

肉が食べたくなったら行きたい店である。

この店の特徴はまず肉。

肉が美味しいこと。

そして、メニューがないこと。

着席した後、順にメニューが運ばれてくる。

お値段がわからないのでドキドキ。

会計時にこの日何度目かの驚愕がやってくる。

15000円くらいは覚悟を。

そして、カードは使用できないそうです。

現金を多めに持ってくることをおススメします。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー