サワコの朝小松政夫のどーかひとつを生んだトヨタ営業マン!


スポンサーリンク

[サワコの朝] ブログ村キーワード

2017年3月25日のサワコの朝。

ゲストは小松政夫

シラケドリ。

どーかひとつ。

など多くのギャグを生み出した。

その秘訣は人間観察だった。

トヨペットの営業へスカウト

役者になりたかった小松政夫

18歳で上京し数々のバイトを経験。

しかしバイトではいかんと正社員に。

それがコピー機の会社。

当時なかなか売れなかったコピー機。

取りあえず使ってくださいと置いて帰る。

そして様子見に行く。

「使い方が難しくて…」そう言われたら、

事務員の彼氏の写真をコピーしようと話す。

ないならと胸ポケットに用意したアランドロンの写真。

それをコピーして事務員さんへ。

これを見ていた男がいた。

まるでブルドックのような風貌。

実は34歳で部長になった超やり手。

その男が小松政夫に声をかける。

「空手チョップだよー」

かなり変わっている。

この男性がうちの車を売れと小松政夫を口説いた。

そしてトヨペットの営業マンに転身した小松政夫。

どーかひとつのホスト先輩

小松政夫のトヨペット時代。

尊敬していたのはホスト先輩。

175センチの長身で素敵なスーツを身に付ける。

頭はリーゼント。

ある日会社のミーティング中。

お客様からエンジンがかからないと電話が入る。

対応したホスト先輩。

第一声「あ~、奥様~ 久しゅうございます~」

そして「エンジンがかからない?悲しゅうございます、奥様~」

すかさず「なぜ、内田すぐ来てくれとおっしゃってくださらない」

加えて「あ~情けない~どうか一つどうか一つ」

その後お客様のもとへ訪問。

お客様は営業マンの訪問に恐縮。

高いスーツを惜しみなく道端に脱ぎ捨てるホスト先輩。

奥様は汚れると心配。

ホスト先輩は奥様の目を盗んでした事は、

オイルをYシャツや顔に付けて大変さをアピール。

当時冬場にエンジンがかからないことはよくあった。

かからないから何度も吹かせてしまう。

結果プラグを濡らしてしまう。

これは5分もすれば乾いてしまうもの。

時間を見て小松政夫へ合図するホスト先輩。

エンジンが無事かかってお客様が喜ぶ。

奥様はこんなに汚してしまってとまたも恐縮。

そこで「どーかひとつ、ど一かひとつ内田をよろしく!」

翌日、感謝した奥様が新規の客を紹介してくれた。

営業マンのコツはお客のハートを掴むことにあるんですね。

ニンドスハッカッカカーを生んだ先生

それは小松政夫が小学生だった時。

算数の時間で先生の質問に手を挙げる生徒たち。

小松政夫は手を挙げてなかった。

そこで先生は小松政夫に質問。

「2+1は?」

小松政夫の答えは「5」

困ってしまった先生「あれ~何故かしら何故かしら?」

「ニンドスハッカッカ、マー! ヒジリキホッキョッキョ!」

これは頭のいい子なーれとのおまじないだと思った小松少年。

それがのちのちギャグになるとは。

先生もビックリである。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー