アナザースカイ藤井隆はクレタ島で求められる大切さにきづく


スポンサーリンク

[アナザースカイ] ブログ村キーワード

2017年4月21日のアナザースカイ。

ゲストは藤井隆

アナザースカイはギリシャ。

ギリシャには藤井隆の親戚がいる。

親戚がいるから行けた

藤井隆が初めてギリシャに行ったのは、22年ほど前。

そこに親戚がいた。

ギリシャ人と結婚し、ギリシャに渡った母方の従妹。

ギリシャのクレタ島に嫁いだ初めての日本人。

従妹がいなければ行けなかった場所。

従妹の家族に再会

ギリシャで最大の島、クレタ島。

オリーブ油発祥の地と言われている。

従妹が住んでいる所はクレタ島北部のパノルモ。

ゲストハウスを営む従妹の家族。

22年前子供だった従妹の子供。

今は立派なパパ。

22年で大きく成長。

懐かしのクレタ島

22年前藤井隆がよく遊んだシークレットビーチ。

藤井隆が海に飛び込んでいた岩。

結構高い。

よく飛び込んだものです。

懐かしのザジキ。

ギリシャヨーグルトにニンニクと胡瓜を加えたもの。

パンに付けたりソースにしたりして食べる。

これが美味しいのです。

新たにクレタ島を満喫する

クレタ島名物のコンボロイは数珠みたいなもの。

クレタ島ではおじさん達がコンボロイを振り回す。

暇つぶしグッズらしい。

道を歩く人を呼び止めて酒を振る舞う。

これもクレタ島の伝統。

アルコール度数40の酒で真っ赤になる藤井隆

美味しいけど熱い!そうです。

芸人と言えなかった時期

22年前の藤井隆

不安定な時期だった。

仕事を長く続けると思っていなかった。

芸人として続ける意識が薄かった。

それに、自分に芸がない。

マイクだけで人を笑わすことはできない。

芸人と言えない自分。

1995年、吉本新喜劇を退団。

世界を旅した。

当時23歳だった藤井隆

帰国後、演劇、歌、司会に挑戦できた。

新陳代謝でキズ付いた

今から4~5年前のこと。

藤井隆の番組が終了。

4年ほど続いた番組。

納得していた藤井隆

プロデューサーから声がかけられた。

「今までありがとう。今回は新陳代謝ってことで…」

古いって言われたと感じた藤井隆

深くキズ付いた。

仕事のある場所が自分の居場所

キズは深く、3年くらい腐っていた藤井隆

その後、舞台の仕事に呼ばれた。

お客さんから拍手をもらった。

気づいた。

必要とされればそこが僕の居場所。

知らない土地で頑張っている従妹もいる。

シリアスになりすぎるのは良くない。

あまり怖がらずにチャレンジする。

それを思い出させてくれる場所、クレタ島。

藤井隆のアナザースカイ。

 

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー