LiLiCoもイチオシ映画LION25年目のただいま2017春一番の感動


スポンサーリンク

[王様のブランチ] ブログ村キーワード

2017年4月8日放送の王様のブランチ。

映画コーナーでの本日の特集。

”ライオンー25年目のただいまー”。

4月7日より公開された。

原作は”25年目の「ただいま」”。

原作者のサルーブライアリーが主人公。

記憶を蘇らせたのは赤いお菓子

オーストラリアで暮らすサルー。

出身はインド。

5歳の時養子になったので子供の頃のことは不明。

養子になってから25年後。

インドの赤い菓子が記憶をで思い出した。

「迷子だった…」

養父母に大切に暮らしていたサルー。

しかしインドの家族のことが忘れられない。

グーグルアースで家族を探す

25年前にインドで迷子になったサルー。

わずかな記憶だけが手がかり。

グーグルアースも駆使してインドの家族を探す。

母親のために演じたデヴ・パテル

主人公サルーの青年時代を演じたデヴ・パテル。

今作品で2017年アカデミー賞助演男優賞にノミネート。

2009年”スラムドッグ$ミリオネア”で主演。

二人の母親の間で揺れる青年を熱演した。

現在26歳のデヴ・パテルがインタビューに答えた。

「俳優になったのは母親の影響が大きい」

親子の絆がテーマの”ライオン”に共感できた。

「母の為にこの役を演じようと思った」

デヴ・パテルもこの作品で大事な人を思い出したはず。

2000人から選ばれたサニー・パワール

サルーの幼少時代を演じたのはサニー・パワール。

今作品が初出演。

2000人のオーディションの中から選ばれた。

ガース・デヴィス監督はサニーにカメラを向けた時、

「すぐにこの子だと思った」と語る。

監督が気に入ったもの。

それは演技力ではなくサニーの雰囲気。

LiLiCoも感動したラスト

”ライオンー25年目のただいまー”をLiLiCoはどう観たのか。

グーグルアースがクローズアップされるがそれは極一部だと。

問題はサルーの数奇な人生。

そして社会問題も考えさせる映画だったと。

さらにLiLiCoの心を捕らえてのは、5歳のサルー。

思わず映画館で声を漏らしたラスト。

そのラストを自分の目で確かめるべし。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー