youは何しに祭りyouアマンダは奇習加勢鳥参加で人気者


スポンサーリンク

[YOUは何しに日本へ?] ブログ村キーワード

2017年5月1日のyouは何しに日本へ。

日本に30万とある祭り。

見たことも聞いたこともない祭りがたくさんある。

そんな奇祭の一つ。

加勢鳥に参加するyouを追った!

カッカッカーのカッカッカー

山形県上山(カミノヤマ)市。

人口約3万1千人。

街の人に”加勢鳥”について訊ねた。

ワラで作ったのをかぶる。

カッカッカーと片足で飛び、

さらにもう一方の足でカッカカーと飛ぶ。

そして、ずぶ濡れになると言う。

お祭りyou

加勢鳥にはyouも参加する。

参加するyouを紹介してほしいと関係者に頼んだ。

出てきた名前は、アマンダ

出身はアメリカ。

今年で6回目の参加。

最初の年が楽しすぎて連続して参加している。

以前は上山市に住んでいたが、今は山形市に在住。

久しぶりに神山市の人たちに会うことになる。

加勢鳥の前準備

祭りの当日、朝8時。

2月、季節は冬。

大粒の雪が降ってきた。

ホテルにある控室で着替える。

アマンダに次々と声がかかる。

人気者である。

アマンダの他にもyouがいる。

アメリカ出身のアニーは初参加。

イタリアのジュセッペさんは3回目。

頭は手ぬぐい、上半身はさらしでお腹をグルグル巻き。

男子は乳首にばんそうこう。

これをつけないと痛いらしい。

ワラで作った蓑が擦れるのだ。

加勢鳥は神の使い

2017年の参加者は35名。

一人一人を紹介してから祭りがスタート。

彼らが神様の使いなのです。

そして、いよいよワラの蓑を被る。

まるで高級納豆。

神の使い・火の鳥=加勢鳥。

ワラの衣装でその姿を表現している。

顔が出るように小さなスペースが空けられている。

気温マイナス2℃。

ワラだけではかなり寒いはず。

ワラで黒髪美人に!

加勢鳥のワラをむしる取る人がいる。

子供や女性たちだ。

加勢鳥のワラで髪を結うと黒髪の美人になる。

それにあやかろうとワラをむしり取っている。

祝い水で火の用心!

11時に上山城からスタート。

4時間かけて町中を歩く。

最高気温は2℃。

バケツに入れた水がかけられる。

「加勢鳥、加勢鳥、お祝いだ~」

水は祝い水。

江戸の大火、火の鳥が町を焼き尽くしたように見えた。

火の用心を祈って祝い水をかける。

掛けられた水を体を回転させて弾き飛ばす。

祭りで上山の一員になれた

祭りで町を練り歩くアマンダに声がかかる。

行きつけだったスーパーの人。

以前近所だった夫妻。

元教え子たちなど。

6年前、英語教師として上山市へ来たアマンダ

一時ホームシックにもなった。

しかし、祭りに参加して変わった。

上山市の一員になれた。

祭りが終了。

お祭りの後は温泉で体を温める。

また来年もアマンダは祭りに参加する予定です。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー