サワコの朝森山未來の体はダンスで猫にも虫にもチリにもなる


スポンサーリンク

[サワコの朝] ブログ村キーワード

2017年6月3日のサワコの朝。

ゲストは森山未來

俳優であり、ダンサー。

それともダンサーであり、俳優か。

表現することは同じだが、表現方法は異なる。

エネルギーは発散させる為にダンス

森山未來は幼少期、落ち着きがなかった。

ファミレスの各テーブルの爪楊枝入れを倒し回る。

ちょっとした問題児。

この子のエネルギーをどうにかしたい。

ジャズダンス教室に通うことになった。

森山未來、5歳。

まだダンス教室に行く男子が少なかった頃の話。

宮本亜門に見出される

宮本亜門のミュージカル”ボーイズ・タイム”。

森山未來は15歳でオーディションに参加。

18歳以上を応募していたが、合格。

ダンスの実力で役を勝ち取った。

しかし、やはり15歳。

実力はまだまだ足りなかった。

役者としてのランスが取れなかった。

劇団☆新感線の魅力に気づく

15歳で古田新太を知った森山未來

ロン毛で雪駄、チャラチャラしたアクセサリー。

近寄ったらいけないタイプだと警戒。

目つきに警戒心を孕ませてにらんでいた。

森山未來は劇団☆新感線でも仕事。

色んなものをごちゃ混ぜに詰め込んだ舞台。

「何がオモロインダってやっていた」

面白さに気づいたのは、後からの話。

踊る体をキープするのに苦労

着々と芝居の世界の需要に応える森山未來

「映像の仕事が忙しくて踊る体がキープできなくなった」

ダンスの練習はしている。

しkし、一旦離れると怖くなる。

体だけが離れていく感覚が続いた。

20代前半の頃。

それがきつかったと話す森山未來

ヒト以外を演じる

コンテンポラリーダンスに出会った森山未來

ジャズダンス、バレエなど確立されたダンスではない。

自由な身体表現をするダンス。

森山未來は身体でヒト以外を表現した。

”カフカの「変身」”では、虫。

”100万回生きたねこ”では、ネコの体を表現。

”DUST-ダスト”ではチリやホコリになった。

小さな振動で舞い上がり、舞い落ちるチリ。

言葉では伝えきれないものを全身で表現する。

どの体型でも表現はできる

NHKドラマ「みをつくし料理帖」。

森山未來は侍の役。

着物を着る役の時は、少し太る。

それが森山未來の常。

森山未來のお腹は今少し出ている。

重心が低くなった体系。

「この体だからこそできる表現ができる」

発想が道が明るくなったと語る森山未來

「今後の仕事は?」

阿川佐和子に聞かれた森山未來

「今一番ガチャガチャしている」

でも自分の中では有機的につながっている感覚がある。

ダンサー、俳優の肩書に縛りつける必要ではない。

森山未來は森山未來である。

サワコは森山未來と会って、

「自由闊達な気持ちになった」と話す。

森山未來のエネルギーが伝わったようですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー