セブンルール武内舞子(KOMA)親方松岡茂樹の叱咤に耐える日々


スポンサーリンク

[KOMA 家具] ブログ村キーワード

2017年7月4日のセブンルール。

東京都武蔵村山にある家具工房KOMA

ミラノ万博で招待展示される家具メーカー。

武内舞子24歳はKOMAで働く家具職人。

ウッドデザイン賞2015奨励賞受賞。

ウッドデザイン賞2016奨励賞受賞。

KOMAの絶対的エースである。

松岡茂樹に憧れて

1993年東京生まれの武内舞子

祖父は田中角栄の別荘を作る名大工。

武内舞子の遊び場は家の隣の工場。

高校生の時モノ作りに憧れ職人を目指す。

雑誌で見かけたKOMAの家具に魅せられた。

美しく繊細な曲線。

「こんなに削りこんでいくところはない」

「どうやって作るんだろう?」

松岡茂樹の作品に憧れた。

チャンスを掴んだ

武内舞子が20歳の時。

KOMAでアルバイトをする。

雑用をこなす毎日。

KOMA代表の松岡茂樹は当時のことを語る。

武内舞子のことはあまり興味がなかった。

本格的に仕事をしてもらうとは考えてなかった。

隠れてで技術を磨いていた武内舞子

チャンスが来た。

松岡茂樹の手元を担当していた職人が急にバックレた。

「やってみる?」って感じでスタート。

ダメ元だった。

1工房では少しでもキレイに

朝7時半に出社する武内舞子

一番乗りである。

武内舞子は会社で胡瓜を丸かじり。

これが朝食となる。

自動ヤスリで木の表面を滑らかにする武内舞子

簡単そうに見えるがかなり力が必要。

滑ったら指がなくなる。

辺りには木のクズが舞い白くなっている。

おかげでまつ毛が伸びたと話す武内舞子

作業を終えると、体中に付いた木くずを払う。

工房では少しでもキレイにしていた。

お客さんにガッカリされたくないのだ。

2昼食は15分以内に作る

社員の昼食を作るのも武内舞子の仕事。

調理時間は15分。

短い時間内に作り終える。

撮影をした日は八宝菜だった。

3仕上げの前は髪を結び直す

椅子の仕上げを始める武内舞子

仕上げの時に髪を結い直す。

結い直すことで気合いを入れる。

アルバイトだった武内舞子

今は親方の一番弟子。

親方が作りだす形はとても難しい。

カンナの一掛け二掛けで形が変わる。

とても大事な作業なのだ。

4月に一度は店頭に立つ

とある日曜日。

武内舞子KOMAのコマの直営店に行く。

武内舞子は月1でお店に出る。

これは自らお願いしていること。

お客様の声を直に聞くため。

どんな人にどんな風に使われるのかを知りたいのだ。

5彼氏は作らない

武内舞子が気晴らしに行く場所。

そこは、コバヤシ金物店。

天然砥石などを物色。

気晴らしも仕事の一部。

今は仕事でいっぱいいっぱい。

彼氏はいない。

親方から「彼氏作るなら椅子作れと」と言われている。

厳しすぎる子弟関係

親方から武内舞子への課題。

自分のデザイン画を提出すること。

提出の日となった。

デザイン画を説明する武内舞子

しかし、親方の顔は厳しい。

説明の後、「あとは?」と催促。

何も答えられない武内舞子

書く枚数が足りないと親方から指摘される。

「これしか描かねえでモノ作れると思えるな」

「そんなの俺によく見せれるな」

親方は口が悪い。

KOMAにふさわしい椅子を作れと言われた。

どうすればいいのか?

6悩んだ時は刃物を研ぐ

刃物を研ぐ武内舞子

悩んだ時はこれが一番。

一度無になれる。

翌朝再度デザイン画を提出。

「こんなの全然話になんないよ、全然」

「お前なんて全然下の下のカスみたいなもんなんだから」

7親方の言うことは絶対

武内舞子は家具職人を辞めたいと思ったことがない。

実際に辞めた人はたくさんいる。

親方に言われて泣きそうな時もある。

でも、出来ないとは言えない。

出来ないと言ったら次の仕事がなくなる。

言われるようなことをしているのは自分。

それはわかっている。

「諦めるには早いと思う」

武内舞子の作品が完成

一週間後。

武内舞子のデザイン画にOKが出た。

何枚も描いた内の一作品。

親方からは「勘違いするんじゃないぞ」と渇。

作品作りスタート。

出来上がった椅子は超軽量。

1000gを切る。

片手で持てる軽さ。

「彼女の得意分野が出ている」と満足げな親方。

KOMAにとっての武内舞子は”宝”と話す。

しかし親方が話す言葉はパワハラ的。

それは期待値が含まれているから。

もっともっとできるでしょと思っているのだ。

武内舞子は仕事は楽しいと話す。

楽しくないとやってられない。

絶対と信じられる人を見つけた武内舞子

だから武内舞子は逞しい。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー