アナザースカイ北村一輝の豪州南北横断制覇の果てに見たもの


スポンサーリンク

[アナザースカイ] ブログ村キーワード

2017年7月28日のアナザースカイ。

俳優・北村一輝48歳。

北村一輝のアナザースカイは”道”。

オーストラリアを縦断する2834Km。

スチュアート・ハイウェイ。

25年前にひとり旅

25年前。

北村一輝23歳。

まだエキストラに毛が生えた状態。

自分は絶対成功すると根拠のない自信があった時期。

雑誌で知った道。

オーストラリアの”スチュアート・ハイウェイ”。

北部の町ダーウィンから南部ポートオーガスタまで。

2834Km。

「うわっ、行きたい」から「行こう」へ気持ちが動いた。

チケットを取って、ビザ取って出発。

ぎりぎりの予算で車をレンタル。

英語は中1以下レベル。

それでもなんとかなった。

中央にあるアリススプリングスまで1カ月超。

計画なしの気まま旅だった。

ウルルと北村一輝

25年前にオーストラリアを縦断した北村一輝

北村一輝はゴールの手前で止めている。

縦断中に寄ったウルル(エアーズロック)。

アボリジニの聖地。

当時は登ることができた。

北村一輝も登ったが頂上手前で止めている。

達成しないことを敢えて選択。

自分の価値観に固定観念を持ちたくない為。

再スタートはオーストラリアの中央から

25年ぶりのスチュアート・ハイウェイ。

今回は制覇する。

再スタートはエルデュンダから。

オーストラリアの中心を示すモニュメントがある。

車をレンタル。

スタッフを乗せて北村一輝が運転。

赤い土、低い草、平らな大地。

25年前は舗装されていない道もあった。

今はキレイに舗装されている。

ゴールまで1100キロの道。

夜のカンガルーに注意

北海道では熊や鹿。

沖縄ではリュウキュウイノシシなど。

車に乗っている時に注意すべき動物がいる。

オーストラリアの場合はカンガルー。

光に向かってくる習性がある。

今回は夜のドライブは禁止。

星空は25年前と同じ

「何もない所に行くと自分に何もなかった時を思い出す」

25年前未来のことを想っていた。

50になってから本当にいい俳優になりたい。

まもなく50歳になる北村一輝

新たな自分になる準備をする。

旅行ではなくて旅を楽しむ北村一輝

移動過程を楽しむ。

夜。

満開の星。

これは25年前と変わらない。

星空を見ていろんなことを考えていた。

本当の表現者になる

オパールの産地、クーバーペディ。

あと500キロでゴール。

夢だった俳優になれた北村一輝

でも思い描いていたものと違っていた。

もっと自由だと思っていたのに縛りがある。

クレームを気にする。

昔のテレビは今から見ると不謹慎。

しかし悪い人は反面教師になる。

自分の考え方を言えない世の中になってほしくない。

本音でいえるようになって本当の表現者になれる。

北村一輝は変わり始めていた。

ウルルと同じ

今までは自分に自信がなかった。

ここからは人間として高くなりたい北村一輝。

ウルルの姿が自分と重なる。

足場だけ固めて上に何も載っていない、

まだ成長していない状態。

自分と同じだと感じる北村一輝。

北村一輝、そろそろ第二のスタート。

スチュアート・ハイウェイのゴール

終点が来るのが寂しい北村一輝。

しかしこの道は終わり。

次の道に行かないといけない。

新しい北村一輝は本音でぶつかっていきたい。

自分達で挑戦する楽しさを残していきたい。

スチュアート・ハイウェイのゴールは寒かった。

ここはオーストラリアの北部。

ただの交差点。

北村一輝のアナザースカイ。

スチュアート・ハイウェイは、

人生の課程を見つめ直させてくれる場所だった。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー