サワコの朝江原啓之はこの世の不条理を解明し魂の幸福を築く


スポンサーリンク

[サワコの朝] ブログ村キーワード

2017年7月29日のサワコの朝。

ゲストは江原啓之

スピリチュアリスト。

人生の生き方を教えてもらいました。

自分だけが見えることで困惑

オーラは精神性や肉体の元気さの現れだと言う。

幼いころからオーラが見えていた江原啓之

それが当たり前だった。

他の人にも見えると思っていた。

小学生の頃。

昼休み後の子供たちは興奮状態。

オーラも大きくなっている。

後ろの席に座っていた江原啓之

オーラが大きくて黒板が見えない。

黒板が見えないと先生に伝えた。

黒板の反射だと思ってカーテンを閉めた。

集中力が増してますます大きくなったオーラ。

黒板の字は見えない。

保健室に行けと言われる。

母親が呼びだされて、病院に行けと。

眼科などで検査するが異常なし。

最後に母親が言われた言葉。

「愛情が足りないのでは?」

母は十分な愛情を注いでくれた。

母はオーラのことは人に言わないようと言った。

理不尽を解明したい

4歳の時に父親を亡くした江原啓之

15歳の時に母親も他界。

人生の理不尽を感じた。

「正しく生きていれば報われる」

「世の中にはもっと大変な人もいる」

励まそうとしている言葉に理不尽を感じた。

この世の不条理、理不尽を解明したい。

そう思っていた。

魂の視点で見るとモノの見方が変わった。

この世の不幸と魂の不幸は違う。

それがわかって救われた江原啓之

心の内政問題

「他人の心ない言葉に傷付く」

視聴者からの悩みに答える江原啓之

人の言葉で傷付くのは自己憐憫の時期。

自己憐憫は楽なうち。

苦しんだら自分を分析するようになる。

自分のコンプレックスを指摘されたから腹がたつ。

マザーテレサの言葉を紹介。

「全ては自分と内なる神との間のことであって

他の人との間であったことは一度もなかったんです」

自分自身の中にあるものに腹を立てたのであって、

その人はその部分を指摘しただけ。

その人が悪い訳ではない。

自分を分析し弱点を克服する。

これが大切ってことでしょうか。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー