ボクらの時代ヤスケン佐藤二郎ムロツヨシが語る売れない時代


スポンサーリンク

[ボクらの時代] ブログ村キーワード

2017年7月15日のボクらの時代。

個性の強い役者3名。

佐藤二朗48歳。

安田顕43歳。

ムロツヨシ41歳。

3人の出会いは8年前。

舞台「大洗にも星は降るなり」

2017年は映画「銀魂」で再結集!。

結婚のきっかは金次第⁈

俳優として生活できるようになった時期は?

安田顕は26か27歳頃。

バイトをしなくてもよくなった。

佐藤二朗は33歳。

現在の嫁である当時の彼女は29歳。

3カ月間バイトしなくても生活できていることに気付いた。

彼女が30歳になる前に結婚をしようと考えた。

ムロツヨシは30歳からバイトを辞めた。

ユースケ・サンタマリアからの助言の結果。

俳優業だけに自分を追いこむ為のもの。

事実生活難。

事務所の社長から借金することになった。

ムロツヨシが大丈夫だとなったのが3年前。

結構最近の話なのです。

経済的に楽になると家族欲が出てきた。

子供が欲しくなった。

そろそろムロツヨシも結婚となるのか?

佐藤二朗入社日に退職

佐藤二朗が俳優になろうと思ったのは小4の時。

学芸会。

主役は8本のサツマイモ。

サツマイモにはセリフなし。

佐藤二朗はサツマイモを引率する先生役。

どういう訳か父兄が大爆笑。

しかし東京に出る勇気はなかった。

俳優を趣味にしようと決意。

運よく大企業に就職できた。

しかし、入社したその日に退職。

創業35年の歴史の中で初めての出来事。

安田顕も一般企業に就職したことがある。

大卒でサラリーマンに。

仕事は医療事務。

しかし真面目な仕事ができなくて今に至るなのです。

舞台への想い

安田顕が所属する演劇ユニットTEAM-NACS。

リーダーの森崎博之は安田顕と同じ時期に退職。

安田顕が声かけしTEAM-NACSを立ち上げた。

ムロツヨシも劇団を作ったことがある。

売れたかったムロツヨシ。

売れたいと言うことカッコ悪いと思う劇団メンバー。

結果、メンバーたちはムロツヨシから去って行った。

舞台のいい所は劇場があればすぐにでも舞台に立てること。

50万円で劇場を借りたムロツヨシ。

自分で脚本も描いた独り舞台。

つまらなかった。

客が哀れなものを見る目になっていく。

震える足で舞台にたったムロツヨシ。

ツラい日だった。

佐藤二朗も客に受けなかった経験があった。

講演後のある客からのアンケート。

「付き合いで来てみたが時間と金を返せ」

ムロツヨシも心に残る言葉がある。

高校の友人からの言葉。

「ある意味拉致監禁だよね」

そのツラさを越えてここまで来たんですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー