セブンルール阿部由希奈が作る流しのカレー話と8月の予定!


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2017年8月8日のセブンルール。

カレー料理人、阿部由希奈32歳。

自分の店を持たない流しのカレー屋。

活動名は”and curry”。

楽屋のカレーはand curry

スタジオ収録日の楽屋カレー。

実は阿部由希奈さんが作ったもの。

何も聞かされずに食べていたメンバー。

食べてなかったのは本谷有希子だけ。

ジャージャー麺を食べちゃったんですね。

ショック!

youは「めちゃめちゃ美味しかった」と。

半熟卵どろーっと美味しかったそうです。

1 カレーを作るときはターバンを巻く

東京、代々木上原。

”スワンレイクパブエド カフェドテテ”。

地ビールの店。

この店で”and curry”を開く。

ヘアターバンを巻く阿部由希奈さん。

ヘアターバンをぎゅっとやると気合いが入る。

看板代わり。

ネパールカレーとの出会い

大阪生まれの阿部由希奈さん。

22歳で就職し東京へ。

その後転職を繰り返す。

29歳の時にネパールカレーと出会った。

そこから阿部由希奈さんのカレー人生が始まる。

カレー好きから自分でもカレーを作るようになる。

アレンジの幅が広いネパールカレー。

カレー好きから”and curry”になったきっかけ。

それは代官山のたこ焼き屋”天風”。

月に1度お店を借りてカレーを作った。

その後口コミで評判が広がって、

各地でカレーを作ることとなる。

2 店は持たない

どうして阿部由希奈さんは流しのカレーをしているのか?

阿部「お客さんを待つよりもいろんな所へ自分が行きたい」

いろんな所でいろんな人と出会いたい。

自分のカレーの幅も広がる。

今回作っているのは、ビールに合わせたカレー。

夏っぽいカレーを作る。

使用するのは6種類のスパイス。

クミン、チリ、シナモン、カルダモン、

コリアンダー、フェニュグリーク。

3時間かけてほぼ完成。

3 日曜日はパソコンを持たない

開店までの間、時間が空いた阿部由希奈さん。

パソコンで仕事のメール返信。

これは”and curry”とは別の仕事。

流しのカレー屋は収入が不安定。

週に数日、ウエブ制作会社で働いている。

忙しい。

だから、敢えて日曜はパソコンを持たない。

リラックスする日。

4 トッピングのたまごは割らない

塩を味付けしてほぼ完成。

最後に枝豆を入れる。

枝豆入り”夏”チキンカレーwith塩昆布。

出来上がりました。

これ、楽屋カレーと同じものです。

午後3時開店。

塩昆布が効いててビールがすすみます。

パクチーの緑に塩昆布の黒。

インスタを意識して彩りに気をつける。

これに半熟卵を割る。

シズル感が出てインスタ映え。

しかし、阿部由希奈さんは半熟卵は割らない。

その瞬間はお客様のもの。

なんか嬉しい!

5 5円玉は使わない

別の日。

”カルディコーヒーファーム”で買い物する阿部由希奈さん。

変わった食材が多いので、カレーのヒントになる。

会計の時に5円玉で支払わない阿部由紀奈さん。

5円玉はご縁に通じる。

貯まった5円玉は賽銭として使うことにしている。

ご縁を大事にするようになったのは、

たこ焼き屋の縁がきっかけ。

たこ焼き屋”天風”のおっちゃんの一言。

「やってみたら?」

そこから”and curry”が開始。

下北沢の”カレーの惑星”でもお世話になった。

おっちゃんが大事にしている縁。

それを自分も大事にしたい阿部由紀奈さん。

カレーバカ、阿部由希奈

1ルームマンションで暮らす阿部由希奈さん。

キッチンにはスパイス30種類ほど常備。

バイブルは”カレーの教科書”。

定期的に読み返している。

一番カレーの勉強をしていた時は、

休日の昼にカレーを作り、

夜はカレーを食べに行く。

帰宅後、漫画を読みながら風呂に入る。

読むのはカレー漫画”華麗なる食卓”。

寝る前に”カレーの教科書”を読む。

6 週二日カレーを我慢する

阿部由紀奈さんのある日の昼ごはん。

東京、千歳烏山”ハバチャル”。

カレーを食べる。

別の日は東京、幡ヶ谷。

”Curry&Spice 青い鳥”。

勿論カレーを食べる。

何も考えてなかったらずっとカレーを食べている。

うどんやさんではカレーうどん

パン屋ではカレーパン。

どうしてもカレーに惹かれる阿部由紀奈さん。

ある日入ったのは”cafe viet arco”。

東京、下北沢にあるベトナム料理店。

カレーを食べたくなる気持ちを抑えて、

”アサリと野菜のフォー”を注文。

週に2日は違う料理を食べるようにしている。

他の料理の中にカレーのヒントが隠れている。

全てはカレーの為である。

7 常に新しいカレーを作る

2年前から流しのカレー屋を開始。

毎回違うカレーを作っている阿部由希奈さん。

既に数十種類も作っている。

ネパールカレーの奥深さを知ってもらいたいのです。

さて、収録前にカレーを食べそこなった本谷有希子。

収録中に阿部由希奈さんのカレーを食べることができました。

白飯にカレーをかけて、パクチーと塩昆布。

自分で半熟卵を割って、「美味しい!」

今度はお店で食べたいそうです。

8月の出店予定

8/1~9/15 パンケーキ and CURRY!

代官山、越谷、難波、札幌のVERY FANCYで開催!

クリーミーなキーマカレーとふわふわパンケーキのコラボです。

幡ケ谷 青い鳥さんとのコラボ

開催日は2017年8月26日。

場所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12 2F

来年4月まで月1回のペースです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー