セブンルール佐藤亜沙美のブックデザインはページ番号に拘る


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2017年9月5日のセブンルール。

ブックデザイナー佐藤亜沙美34歳。

インパクトのあるデザインが多い。

園山俊二の”ギャートルズ”。

表紙がめちゃ厚い。

本の厚さの3分の2を占める。

”ギャートルズ”は原始人が作った漫画ってことで、

石をイメージした。

2014年第48回蔵本装幀コンクール。

東京都知事賞を受賞している作品。

1 デザインはページ番号から

佐藤亜沙美の事務所、サトウサンカイ。

東京都神保町のビルの3階にある。

ニコ・メレの”ビッグの終焉”。

クラッシュな感じを出したデザイン。

表紙をめくった後の見開き扉。

1ページ毎に、

THE、

END、

OF、

BIG。

映画的な始まりをイメージして作られた。

畑中三応子の

”ファッションフード、あります。”。

表紙紙を包み紙に見立てた。

使う紙や本文の書体もこだわる佐藤亜沙美

本文の書体は限られている。

しかしノンブル(ページ番号)は何万の中から選ぶ。

「コレですっていうのがあるんですよね」

佐藤亜沙美は基本攻め姿勢。

関わるからにはとことんこだわる。

2 読者像を一人に絞る

エッセイスト能町みね子と打ち合わせ。

佐藤亜沙美が訊ねる。

「この本を書店で手に取っている人物像は?」

読者を絞ってデザインを決める佐藤亜沙美

アラン著の”幸福論”。

サーファーが犬を連れて海に行く時に、

持っていく本をイメージしている。

3 ランチは松本さんのお弁当

佐藤亜沙美の昼ごはんは決まっている。

松本さんのお弁当。

毒を盛られていたら大変。

信頼できる人から買うようにしている。

1986年福島で生まれた佐藤亜沙美

小学6年生の時、父が単身赴任。

母は家に帰ってこなくなった。

姉と弟を含めた子供3人が残された。

1週間分の生活費を置いて留守にする母親。

1週間が2週間になった。

中学の時に父親に引き取られた。

しかし学校には行かなくなった。

腐ったコロッケを食べていた佐藤亜沙美

姉に泣きながら止められたこともあった。

本が拠り所だった。

強引に弟子入り

ブックデザイナー祖父江慎の作品に感銘した佐藤亜沙美

講演会の度に楽屋に押しかけた。

2006~2014年。

祖父江慎の事務所コズフィッシュに在籍。

強引に弟子入りした結果だ。

弟子入り2年目。

「私の方がこの作品に対してたくさん考えている」

任せてほしいとここでも強引。

当時の自分を「やべぇ奴だ」と振り返る佐藤亜沙美

4 家事はしない

佐藤亜沙美の夫は滝口悠生。

2016年芥川賞を受賞している。

朝は夫と一緒にジョギング。

夫が作家になる前に作っていたフリーペーパー。

それを読んで、「ひと読み惚れ」

滝口悠生からサインをもらった第一号。

「食わせてやる!」

ここでも強引に一緒になった。

家事は99.9%夫がやる。

佐藤亜沙美のタイミングに合わせて食事を作る夫。

もともと主夫志望だった滝口悠生。

しかし芥川賞を取って収入は逆転。

「あれ?」って感じなのです。

でも、そうめんを茹ですぎと文句を言います。

カレーが薄味だとケチャップをかける佐藤亜沙美

「だから、何をされても大丈夫です」

夫はすっかり打たれ強くなったようです。

5 休日はカレー屋とスーパー銭湯

神奈川県鎌倉。

駅から近くのカレー屋”バワン”で食事。

日曜にカレー屋とスーパー銭湯に行く。

これが佐藤亜沙美と滝口悠生のルーティン。

日曜に休むようになって半年。

まだ休日の過ごし方がわからないのです。

この日はひばり湯に行ってから帰りました。

6 プレゼン資料は手描きで

森山直太朗の作品も手掛ける佐藤亜沙美

プレゼンの資料は手描きである。

「絵がしょぼい分想像してもらえる」

自分が好きなようにすると欲望が勝って、

自然さが無くなっちゃうそうだ。

相手の反応に自分も反応する。

その方合っているらしい。

7 一冊に一つは遊びを入れる

大原櫻子が表紙の”クイックジャパン”。

白地に白インクのページを作った佐藤亜沙美

どんなに忙しくても一冊に一つ遊びを入れる。

それが佐藤亜沙美のモットー。

子供の頃、

一人になれる場所は風呂だけだった。

嗅ぎかっこのセリフを読んでいた。

あの時の自分に届いてほしい。

たくさんの本の中から選んでもらえるように、

佐藤亜沙美は手を抜けない。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー