セブンルール岩柳麻子の宝石パフェ10月の新メニューは即興で


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2017年10月17日のセブンルール。

主役は岩柳麻子40歳。

職業、パティシエール。

SNS映えするパフェが注目を浴びている。

「パルフェビジュー・レザン」

フランス語で宝石のパフェ。

美しいパフェは誰もを魅了する。

1 店に看板と段差を作らない

美しすぎるパフェに多くの人が集まる。

岩柳麻子の店は東京都世田谷区等々力にある。

「PATISSERIE ASAKO IWAYANAGI」

開店2時間前の朝8時から仕事は始まる。

女性だけの厨房。

1日に作るスィーツは200個。

開店1時間前、行列ができだす。

月替わりのパルフェを求める人たち。

8月限定はプラムの高級品種とチョコの組み合わせ。

お値段はドリンク付きで2500円。

これが一番人気。

午前10時に開店。

席はあっという間に埋まった。

SNSで人気の岩柳麻子の店には看板がない。

看板でアピールするのが恥ずかしいという。

ガラス張りなので外からでもケーキ屋だとはわかる。

だから看板はあえて付けない。

ケーキが主役。

床はフラット。

ケーキを落とさないようにと配慮されている。

以前シュークリームを落とした子がいた。

シュークリーム一つでも我が子同様。

我が子を落とすことは許されない。

辞めて頂いたようです。

ケーキを愛するあまり厳しい岩柳麻子

2 夫は尻に敷く

取材2日目。

岩柳麻子の夫が店に来ていた。

宿澤巧さん。

建築家でお店の設計や内装も手掛けた。

結婚は8人前。

夫の実家はフルーツ農園を経営。

しかも高級品種を取り扱っている。

それも結婚の決め手となった。

夫を尻に敷いて動かすのが岩柳麻子の目的。

夫は一般常識が通用しないと愚痴る。

床をフラットにすることもごり押しだったようだ。

夫の目を見ずに感謝を述べる岩柳麻子

これは照れ隠しなのか。

3 白衣の下はジャージ

岩柳麻子は染色家になりたかった。

布地を色や柄で染め上げる仕事。

しかしそれでは生活ができないことを悟った。

そんな時、祖母の言葉を思い出した。

「食べるもので幸せになるのは素晴らしいこと」

祖母の影響で菓子作りをしていた。

専門学校に行かず独学でスィーツ作りを勉強。

2005年東京都品川区に店を出した。

「patisserie de bon coeur」

全然売れなかった。

捨てられたケーキたち。

この時の悲しみが今の土台になっている。

仕事終わり。

白衣の下はジャージである。

通勤はロードバイクを使用。

ケーキ以外のことでは時間をかけない。

4 子供と一緒に宿題をする

週に一度の休みの日。

岩柳麻子は打ち合わせに忙しい。

10月にリニューアルオープンするのだ。

家に着いたのは夜10時。

7歳になる息子が出迎えてくれた。

二世帯住宅で母親がそばにいてくれる。

だから安心して働くことができる。

岩柳麻子が毎日していること。

それは息子と一緒に宿題。

息子は公文、岩柳麻子はフランス語を勉強している。

子供だけ勉強はずるいと言われ始めたこと。

5 他のケーキ屋には行かない

岩柳麻子のランチ。

なじみの中華屋さんでのラーメン。

食後に読む雑誌にケーキ店が掲載されていた。

行ったことのない店ばかり。

岩柳麻子は他のケーキ屋に行かない。

それは影響されてしまうのが怖いから。

人の真似をしたくない。

テニスをした夜。

インスピレーションを受ける。

テニスボールの黄色をイメージしたケーキ。

マンゴーとパッションフルーツを使ったティラミス。

ボールの軌道をイメージしたチョコを乗せた。

6 新メニューは即興で作る

新作パフェの撮影会。

パフェの内容は決めていない。

当日買い出しをしながら決める。

葛で作ることを決めた。

水を使わずブドウだけでジュレを作る。

10月限定パフェができた。

「パルフェビジュー・レザン」

3000円ドリンク付き。

7 引退しない

8月末、お店の内装工事が開始。

岩柳麻子の夢の店ができる。

ショーケースのないケーキ屋。

お客様のために作るカウンター。

ここで生涯ずっとケーキを作り続けたい。

岩柳麻子の原点は6年前に亡くなった祖母。

祖母と同じように生きている限りケーキを作る。

だから引退はしない。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー