がっちりマンデーほぼ日流Web文章作成術は27という数字に秘密


スポンサーリンク

[がっちりマンデー] ブログ村キーワード

2017年10月1日 (日) あさ 7時30分放送のがっちりマンデー。

今日の話題は株式公開したほぼ日。

女性が好む話題満載のWebマガジンほぼ日。

広告も載せない無料配信。

なのに年間売上37億円。

その売上の秘密を公開!

儲けの秘密はオリジナルグッズ

TOBICHI。

飛び地?

TOBICHIは、ほぼ日のリアル店舗。

TOBICHIには2軒あって、

お買い物と催し物に分かれている。

ファンが3万人いれば事業は成立

ファンが3万人になったら何でもできる。

ちょうどTOKYOドームが満員なイメージ。

同じ趣味志向の人が3万人。

TOBICHIのお客さん。

みんな日刊イトイ新聞の読者。

ほぼ日ファンが会社を支えている。

ほぼ日の中身は?

各界の著名人と糸井さんの対談特集。

ファッション、グルメ、暮らしの情報。

まるで女性向けの雑誌みたい。

ほぼ日流Web文章作成法

ほぼ日の記事作成のこだわり。

それはWebでの読みやすさ。

視界に入るぎりぎりの量が27文字。

ユーザービリティを考えている。

これがほぼ日サイト一行の最大文字数。

必ず、27文字で改行する。

というか一行は27文字で完結するようにする。

このフォーマット。

完成するまではかなりの試行錯誤。

ほほぼ日刊イトイ新聞流記事の書き方

対談記事。

読むリズムを大事にする。

それには現場の雰囲気が大事。

そのために相槌を残している。

たまには言ってなくても入れる。

それで記事に臨場感が出る。

大袈裟な表現は避ける

編集者が糸井氏から言われていること。

それは、ものすごく正直に書くこと。

商品を書く記事では特に注意。

大ヒット バカ売れとかはNG。

だから、ほぼ日の商品は信用される。

そのうえ楽しいし面白いし役に立つ。

それがほぼ日の商品。

着たくて作った商品第一号

ほぼ日Tシャツ。

初回販売枚数3000枚。

3万人のファンの1割が買った。

ここで悟ったこと。

面白い記事で人をひきつけること。

面白い商品を作ること。

ねっこは一緒。

だから自分達が本当に欲しいと思う物。

それを売っていく事に決めた。

自分達が本当に欲しくないものはいらない。

人と同じことをしない。

それがほぼ日の原点。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー