セブンルール上原ひろみは一生ルーキーだから挑戦し続ける!


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2017年10月31日のセブンルール。

ジャズピアニストの上原ひろみ38歳。

年間150本以上のライブ。

世界を飛び回る上原ひろみのセブンルール。

1 毎回 88鍵に挨拶する

2017年9月。

東京都銀座。

上原ひろみのニューアルバム発売イベント。

ピアニストはピアノを持って移動しない。

会場ごとにピアノは変わる。

ドレミファソラシド…。

88鍵すべてを弾く上原ひろみ

「こういう者です」とピアノに挨拶する。

2 本番前にお腹いっぱいにする

音楽番組「ミュージックフェア」の出演。

本番30分前に弁当を食べる上原ひろみ。

「食べないとエネルギーが出ない」

上原ひろみの演奏のパワーのもとは食事。

東京都目黒。

上原ひろみが必ず行く店がある。

”かづ屋”。

10年近く通っている。

人気メニュー、ワンタン麺980円を食べる。

「美味しい」

上原ひろみにとってラーメンは自分へのご褒美。

気持ちのこもったラーメンが好きだと言う。

一杯のラーメンにご主人の人生が詰まっている。

3 OFFの日は観客になる

東京都青山の”ブルーノート東京”。

何度もライブを行った場所。

しかし上原ひろみは客席にいた。

演奏するのは”ROY HARGROVE’S RH FACTOR”。

音楽に合わせて体を揺らす上原ひろみ

休みの日はライブや舞台を観にいくことが多い。

”髑髏城の七人”も観に行った。

お笑いはサンドイッチマンが好きな上原ひろみ

ライブ鑑賞は勉強のためではない。

単純に好きだから観に行っている。

4 ホテルの部屋にキーボードを置く

9月下旬、

フランスのパリ。

上原ひろみが宿泊するホテル。

部屋に大きなケースが置かれている。

かなり重たい。

中身はキーボード。

毎回キーボードを借りている。

ホテルの部屋にキーボードをセットする。

海外ではマネージャーは同行しない。

身の周りのことは自分で何でもする。

この日のキーボードは重かった。

番組スタッフが手伝ってセッティング。

5 現地の言葉で挨拶する

コンサート会場”ラ・セーヌ ミュージカル”。

2017年4月に完成したばかり。

新しい会場にウキウキ。

テンションが上がる上原ひろみ

現地のスタッフが控室にやって来た。

挨拶の言葉を教えてもらっている。

小さい頃、海外アーティストのライブを観た上原ひろみ

言葉はわからなかった。

でも時々「アリガトウゴザイマシタ」と言っている。

それが嬉しかった。

訪問した国への尊敬も込めて現地の言葉で挨拶。

見知らぬ国でお客さんが来てくれるのは奇跡なのだから。

6 静岡産のお茶を常備する

コンサート後。

ホテルでリラックスする上原ひろみ

ストレッチで体をほぐしてクールダウン。

ペットボトルに入れたお茶を飲みながらする。

お茶は静岡産。

上原ひろみの地元のお茶。

これがない生活は考えられない。

慣れ親しんだものをそばに置く。

だからどんな国でも平常心でいられる。

7 一生ルーキーでいたい

パリのリヨン駅から出発する上原ひろみ

次の場所は、スイスのチューリヒ。

列車で4時間の移動になる。

世界を旅していると一生ルーキーでいられると言う。

色んなことが影響して全然お客が入らない時もある。

今の相棒はハーピスト。

ハーピストとの共演は新しい挑戦。

演奏のほとんどはアドリブ。

いつもどうなるかわからない。

守りに入る方が不安と言う。

先が見えないから、楽しい。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー