WBSソニーaibo12年ぶり復活AIビジネスは犬格を尊重できるか?


スポンサーリンク

[ワールドビジネスサテライト] ブログ村キーワード

2017年11月1日のWBS。

11月1日は「ワンワンワン」で犬の日。

2006年に製造停止になった犬型ロボット「アイボ」。

そのアイボが復活したお話。

ソニーのアイボ

1999年、ソニーが販売した「アイボ」。

2006年、業績悪化。

ロボット事業から撤退。

アイボは生産停止。

しかし業績が急回復。

新型のアイボの発表となった。

新型アイボ

2018年1月に販売される新型アイボ

より犬に近い形となった。

まず、アイボの顔。

瞳には有機ELを採用。

大きな黒い目が愛くるしい。

表情やしぐさが更に犬らしくなっている。

顎や背中、肉球にセンサーを搭載。

撫でてあげると本物の犬のように喜ぶ。

クラウドとAIが連携。

学習を繰り返し、毎日成長する姿を見ることができる。

アイボの購入金額

ソニーが販売する新型アイボ

本体価格は198,000円(税別)。

更に、ベーシックプランの加入が必要。

クラウドとの連携をサポートします。

一括払いの場合、3年間で9万円。

アイボファンの後押し

千葉県習志野市の「ア・ファン」。

アイボの修理を行っている会社。

社長はソニーOBの乗松伸幸さん。

ソニーのアイボサポート終了後も修理点検をし、

毎月約30件にの問い合わせに対応。

「みんなの気持ちをくみとってもらって感謝」

と今回のアイボ復活を喜んでいる。

そして、ロボットは普通の製品と違うバックアップ態勢が必要と。

永年、アイボの人格?犬格を大切にしてきた乗松さんらしい発言。

11月販売分は完売

アイボの販売はソニーストアオンライン限定。

11月販売は既に完売。

アイボを待っていたファンは多かった。

次回の販売時期は未定です。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー