セブンルール米代恭の恋愛下手な恋愛漫画家の実態はこうだ!


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2017年11月14日のセブンルール。

現在「月間!スピリッツ」に連載中の、

「あげくの果てのカノン」の作者、

漫画家、米代恭。

米代恭のセブンルールとは?

1早寝 超早起き

東京都内築43年のアパート。

それが米代恭の作業部屋。

普段は祖母の家で二人暮らしをしている。

漫画のネーム作業を行う米代恭。

ペンが止まった。

煮詰まった時は、外に出る。

雨の中、夜の町をフードを被って歩く。

頭は漫画の構成でいっぱい。

ぶつぶつしゃべりながら頭の中を整理。

20分後。

戻って描き始めた米代恭。

月1回の連載、1話30ページ以上。

10日間缶詰になって描く。

夜9時半に作業を終え、10時に就寝。

翌朝4時。

米代恭は作業を始めている。

作業中はこんな感じ。

ここ1年くらい前から始まった。

早寝、そして超早起き。

2 他人の恋愛を漫画に生かす

米代恭が漫画を描き始めたのは小学校から。

漫画を描くと人が集まってくれた。

高校時代。

友人とオリジナルストーリーの設定を作っていた。

漫画を描いて友人が喜ぶのが嬉しかった。

美術大学在学中。

「砂上の娘」がアフタヌーン四季賞で佳作を受賞。

大学を中退し本格的に漫画を始めた。

「月間!スピリッツ」の編集者は金城小百合。

”プリンセスメゾン”や”花のズボラ飯”など、

多くのヒット作品を手掛けた敏腕。

「あげくの果てのカノン」は金城のアイデア。

恋愛が苦手で劣等感を持っている米代恭。

金城小百合との話が恋愛漫画のネタになっている。

他人の恋話をもとにストーリーを作っている。

3 お昼ごはんはファミチキと納豆巻き

昼12時。

作業場近くのコンビニに行く米代恭。

買ってきたのは、ファミチキと納豆巻き。

次の日も、その次の日も、更に次の日も。

米代恭が買うのはファミチキと納豆巻き。

ファミチキと納豆巻きが大好きってわけではない。

考えるのが面倒くさいのだ。

特に作業中は他のことを考えたくない。

時間が少ない人にはこういうタイプ多いですよね。

4 靴は一足しか持たない

米代恭のネームをチェックする金城小百合。

意見をぶつけ合って直していく。

より良い作品を作る為の大事な作業。

アイデアや直しをメモ帳に書く米代恭。

2012年からずっと同じタイプのノートを使っている。

米代恭はモノ持ちがいい。

布のバッグはデビュー前から使ってるし、

定期入れは10年もの。

そして、玄関には黒い靴一足のみ。

同じ黒い靴を一足で6年間過ごしている。

多くの女性と違って米代恭は買い物が好きじゃない。

何を買うのかを考えるのが嫌。

やはり頭の中は漫画しかない。

5 遊びの約束は月3回まで

ある日の夜。

米代恭は飲み会に出かけていた。

相手は金城小百合とスピリッツの編集長。

とっても楽しそうに酒を飲む米代恭。

しかし飲み会は月に3回くらいに抑えている。

人に会うのは好きな米代恭。

会ったら相手に楽しんでもらいたい。

気を遣いすぎて反動で疲れてしまう。

だから、遊びは月3回まで。

但し、金城小百合とは別みたい。

6 瞳に心を描く

作画中はアシスタントに背景描きを任せる。

米代恭は登場人物を担当。

コマ割りが描かれた原稿の上に紙を敷く。

人物の輪郭を描いていく米代恭。

紙を裏返して裏面に描いていく。

裏から見ることでデッサンの狂いを修正。

また表に戻して裏の修正を確認。

表側に更に修正を入れる。

これを何度も繰り返しデッサンを完成させる。

完成した絵をもとに原稿用紙に下書き。

何とも手の込んだことをする。

しかし、

「一番自分のいい形に辿り着けるやり方」

だと話す米代恭。

特に拘っているのが瞳。

セリフがなくても瞳で気持ちを表現する。

描き方に固定はなくその都度変えている。

7 金城さんに面白いと思ってもらえるものを描く

締め切り当日。

米代恭は最後の仕上げにパソコンを使う。

べた塗りやスクリーントーンはパソコンでやる。

ここでキャラクターの顔の修正もする。

合計34ページ。

完成した。

担当編集者へメールで送信して納品。

お疲れ様です。

毎月約180時間を費やして原稿が完成される。

たくさんの読者が待っている作品。

しかし金城小百合に喜んでもらえればいい。

それが米代恭の基本。

学生時代の思いが残っている。

目の前の人にまずは喜んでもらいたい。

それが今は金城小百合なのだ。

プライベートでも会うほど仲の良い米代と金城。

しかし二人を繋ぐのは友情ではなく仕事だと言う。

二人の夢は漫画を売ること。

実は友情以上に強い絆かもしれない。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー