セブンルール奥中宏美のラーメンが女性に喜ばれる理由とは?


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2018年1月16日のセブンルール。

東京都の茗荷谷にあるラーメン屋。

「生粋 花のれん」

夫婦二人で経営。

店主、奥中宏美のセブンルールとは?

1 開店前に必ずラーメンを食べる

奥中宏美は夫・俊光さんとラーメン屋を営む。

グルメ雑誌にも掲載される人気店。

一番人気のメニューは、

旨み鶏だし特製醤油ラーメン1050円(税込)。

シンプルな姿が美しい。

貝だしも入っていてやさしい味。

それが女性に人気なのかもしれない。

スープ担当の俊光さんは朝7時から仕込み。

奥中宏美の出勤は10時。

開店は11時半。

仕込みが完了したのは開店10分前。

客入り前にラーメンを作り食べだす二人。

これは試食。

同じ材料でも個体差があるし、気温によって麺の状態も変わる。

必ず試食し微調整する。

2 女性と子供には先にラーメンを出す

昼前には満席になる「生粋 花のれん」。

麺は奥中宏美が担当。

スープは夫の俊光さん。

ホールはアルバイトスタッフが担当。

奥中宏美がどんなに忙しくても心掛けていること。

それは女性や子供を先に提供する。

子供、女性、男性が順番。

子供や女性は食べるのに時間がかかる。

ちょっとした気遣い。

3 店では夫と敬語で話す

高校卒業後、運送会社に勤務した奥中宏美

勤務先で夫に出会った。

退職しラーメン好きの夫とラーメン店をオープン。

奥中宏美自身はラーメンを好きではなかった。

ラーメンをお金を出して食べるって感覚ではなかった。

以前の自分のような人でも食べたいと思える店を作りたい。

運送会社を退職、それぞれラーメン店で3年修行。

そして自分達の店をオープン。

しかし上手く味が出せない。

スープを捨てたことも何度もあった。

それでも頑張れたのは夫がいてくれたから。

四六時中夫といる毎日。

仕事中は夫と敬語で会話する。

これは奥中宏美のけじめ。

仕事モードになれる。

4 手をつないで帰って、手をつないで寝る

夜10時、閉店。

帰宅するときは手をつないぐ。

一緒にいる時間を大事にしたい奥中宏美

家でテレビを観て寛ぐ夫。

唐突にテレビを消す奥中宏美

寝る時間だ。

ダブルベッドに寝ている二人。

ベッドに入るタイミングも一緒にしている。

布団の中でも手をつなぐ。

結婚7年目でもまだラブラブです。

5 週に一回、母親の店に行く

「生粋 花のれん」の休日。

奥中宏美が向かったのは東京都池袋。

「割烹 山菜海」

ここは両親が経営する店。

奥中宏美が10歳の時に母親が再婚。

再婚相手の洋さんから料理を教わる奥中宏美

子供の頃から洋さんには懐いていた。

親思いだった奥中宏美は高校で爆発。

毎日、日焼けサロンに行き、髪は金色。

全てに対して反発していた。

親の期待に応えるのに疲れた。

高校を中退し実の父親と生活。

当時を振り返り辛い気持ちが蘇る母親。

今は週に一度顔を見せてくれる。

これが何よりも嬉しいと言う。

6 家には炊飯器もガスコンロもない

休日の朝はパンを焼く。

普段はラーメンばかり。

休みの朝はパンと珈琲。

奥中宏美のキッチンには炊飯器がない。

ごはんはお店で食べる。

食器もない。

ガスレンジもない。

営業日は店で簡単なまかないを作り食べている。

休みの日の夜は勉強のため食べに行く。

珈琲を入れるお湯はレンジでチンして作る。

家ではやる気がでないのだ。

7 すごく丁寧に接客する

「生粋 花のれん」は女性に人気がある。

女性に喜んでもらう為に、

ヘアゴム、紙エプロン、ブランケットを用意。

子供連れのためにキャンディも置いてある。

更にランチョンマット、箸置きには箸とレンゲ。

これは母の影響。

母親の姿から接客を習った。

10代の時は、自分の環境の悪さを呪った。

今は、その環境が活かされている。

お客様に喜んでもらう。

それが奥中宏美の願いである。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー