youは何しに北斗の拳ファンyouに原哲夫先生の粋なプレゼント


スポンサーリンク

[YOUは何しに日本へ?] ブログ村キーワード

2018年1月15日のyouは何しに日本へ?

米国のロスから来た夫婦you。

結婚14年目。

遅れたハネムーン。

憧れの日本へ来た。

ハネムーンyouの目的は、

「北斗の拳」を描いた原哲夫先生に会いたい~。

世界的に人気の北斗の拳

「北斗の拳」は週刊少年ジャンプに連載されたコミック。

原作は武論尊、漫画は原哲夫。

暴力が支配する荒れ果てた世紀末が舞台。

暗殺拳「北斗神拳」を伝承したケンシロウが主役。

40か国でアニメは放送。

名セリフは「お前はもう死んでいる」

北斗の拳が大好きなyouたち。

アニメの主題歌「愛をとりもどせ!!」を、

結婚式で熱唱。

youは唯一無二の世界に魅了された。

西洋のデザインと日本の漫画の技術が見事に融合していると絶賛。

ラッセルさんはジャギ好き

夫のラッセルさんは33歳。

妻のミカエラさん32歳。

ラッセルさんはジャギが大好き。

ジャギはケンシロウの兄。

非道な行いを繰り返す悪役なのだ。

名セリフは「おれの名を言ってみろ!!」

ケンシロウと真逆で卑怯な男なんだ。

人としてダメな奴だけど、自分に正直なジャギ。

ラッセルさんはそんなところが大好き。

全巻英訳する北斗の拳愛

北斗の拳の全巻を持っているラッセルさん。

しかし、セリフは日本語。

自分で訳して読んでいた。

スゴイです。

youの叶えたい夢は、

原哲夫先生に会うこと。

「スゴイ作品を描いてくれてありがとう」

と伝えたいのだ。

しかし、どうやって会うのか?が問題。

集英社をアポなし訪問

密着当日。

ジャギのTシャツで現れたラッセルさん。

気持ちが入ってますね。

ミカエラさんははユリアが好きなんです。

ミカエラさんにとってラッセルさんがケンシロウ。

結婚14年目なのに新婚さんみたいな二人。

原哲夫先生に会う為に移動。

場所は神保町の集英社。

もちろん、アポなし。

大きな銀色の集英社ビル。

それを見ただけで感動するyouたち。

いざ、行かん!

受付で、気持ちを伝えるラッセルさん。

「集英社の漫画が大好きです

原哲夫、ミーティングがしたい」

これでは受付の人に伝わらない。

番組スタッフが間に入って説明。

youの気持ちは届くのか?

・・・。

アポなしなので断られた。

そうでしょうね。

結婚できたのは北斗の拳のおかげ

結婚できたのは北斗の拳のおかげと話すyou。

二人の出会いは漫画交流サイト。

北斗の拳で盛り上がった二人。

だから、ありがとうと伝えたい。

原哲夫先生の事務所を検索

集英社で断られたyou。

”原哲夫 事務所”で検索。

出た!

「ノース・スターズ・ピクチャーズ」

ラッセルさんがその名前を覚えていた。

「真救世主伝説」という北斗の映画の制作会社。

ここなら会えるかも

吉祥寺へ移動!

原哲夫先生に会えるのか⁈

「ノース・スターズ・ピクチャーズ」に到着。

ここはライセンスを扱う部署。

原哲夫先生はいない。

編集部ならいるかもしれない。

案内してもらった。

本当に会えるかも。

「ノース・スターズ・ピクチャーズ」は、

原哲夫や北条司などの著作権管理を行う会社だった。

原哲夫先生のスケジュール調整

編集部に原哲夫先生はいなかった。

しかし、スケジュールを調整してくれると言う。

なんと嬉しい対応。

しかし、ダメだった。

原哲夫先生は新作執筆のため缶詰中。

会うことはできない。

調整してくれただけでも感謝のyou。

来られただけで幸せだと言ってくれた。

youたちへサプライズ

せっかく来てくれたyouたちへ。

原哲夫先生からのサプライズ。

北斗の拳の原画を見せてくれた。

35年前に描かれた北斗の拳の第1話。

これを見られるのは貴重です。

やはり原画を美しい、カッコイイ。

目をキラキラさせて見入るyouたち。

巻頭カラーや単行本に使用された原画も見せてもらった。

「こんな貴重な経験は初めて」

原哲夫先生の好意に感謝するyou。

ミラクル起きた!

原哲夫先生から更にプレゼント。

副編集長の中島太陽さんが英語で話しかけた。

今、北斗の拳を英訳中だと言う。

このニュースだけでも嬉しい。

原哲夫先生からのプレゼントはこれから。

発売前に英訳された第1話をプレゼントしてくれた。

効果音は日本語のまま。

北斗百裂拳は英語で、

「Hundred blood Rushing Fist of the North Star」

完璧な訳だと魅入るラッセルさん。

youたちは世界一幸せな北斗の拳のファンになった。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー