プレバト俳句ランキング冬麗戦キスマイ対決を制した千賀健永


スポンサーリンク

[プレバト] ブログ村キーワード

2018年1月4日のプレバト!!

俳句ランキング。

名人と特待生だけの俳句大会。

冬麗戦!

なんと!下剋上が行われた!

冬麗戦のお題

雪と青空の写真。

シンプルで美しい風景。

ここからどこまで発想を飛ばせるのか?

これは腕の見せ所。

名人、特待生たちの順位

参加者は8名。

順位を決めるのは、夏井いつき先生。

アトランダムに順位が公表される。

では、第5位。

フルーツポンチの村上。

第4位は、中田喜子。

特待生3級なので、かなりいい位置。

でも本人は残念そう。

3位を目指していたんですね。

第6位はノンスタイルの石田。

第2位はFUJIWARA藤本。

発想力を褒められた。

最下位は千原ジュニア。

夏井いつき先生が特待生をするのを悩んだ男だ。

詩情が全くないとダメ出しされた。

フジモンの下で不満の梅沢冨美男

「フジモンの下か俺は!」

夏井先生に吠える梅沢冨美男。

とっても不満です。

「俺はいくらなんでも許さない!」

と息巻く梅沢冨美男の句を紹介。

「ざくざくと

 空切りひらく

 雪下ろし」

さて、夏井いつき先生の評価は?

語順がいいと褒めてくれた。

映像光景がしっかりさせている。

しかし発想はよくあるパターン。

悪い句ではないが発展性のない句だと言う。

キスマイ対決を制したのは?

残ったのは2人。

名人2段の横尾渉。

特待生2級の千賀健永

キスマイ対決になった。

番組の前のアンケート。

千賀の印象について横尾渉は、

「俳句に遊ばれている」と回答。

季語とかを使いこなせていないってことらしい。

さて、どちらかが1位でどちらかが7位。

その結果は?

第一位は千賀健永!

第一位は千賀健永

自分の顔が映し出されると、立ち上がってガッツポーズ。

大金星~。

特待生や名人たちから祝福の拍手。

一方、横尾渉はうなだれた。

ガッツポーズの後の千賀健永の涙。

じんわりと勝利を噛みしめた。

7位横尾渉の句

名人・横尾渉の句を紹介。

「産ぶ声や 皆の顔が 冬暖か」

寒いイメージより暖かいイメージを出したかった横尾。

夏井先生は発想は悪くないと評価。

勿体ないのは中七。

説明になっているので映像にすることを薦める。

添削後が、

「産声や 冬暖かき 顔々かお」

堂々1位の千賀健永の句

千賀健永が雪と青空の写真で一句。

「雪原や 星を指す 大樹の骸」

上句で昼のイメージ。

中句で夜のイメージを表現。

大樹が星に憧れて死んでいくロマンチックな場面を描いた。

発想を転換しすぎていた。

映像を残したまま発想を転換することを心掛けた。

夏井先生は千賀が自分の句を理論的に説明したことに感心。

千賀の句も映像の移動過程もよくできていると評価。

最後に大樹と星で美しい絵画のようだと絶賛した。

さらに調べは、5・5・7。

夏井先生ももらい泣き。

「頑張った子は偉い!本当に偉い!」

夏井先生の言葉にまた泣きだす千賀健永。

今後の作品にも期待です。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー