所さん!大変ですよシニアや女子に人気沸騰の灯台事情とは?


スポンサーリンク

[所さん!大変ですよ] ブログ村キーワード

2018年1月18日の所さん!大変ですよ。

船の安全操行のために設置されている灯台。

最近なんか人気らしい。

シニア夫婦が集まってきたり、

灯台で女子会。

そして、寂しい現実。

灯台の魅惑ワールドを紹介します。

灯台フルムーン

最近、シニア夫婦に人気の場所がある。

宮崎県都井岬。

ここの灯台にシニア夫婦がやって来る。

多くの夫婦は新婚旅行の時にも来ていた。

昭和35年。

昭和天皇の五女清宮(すがのみや)様が結婚。

新婚旅行先が宮崎だった。

宮崎にハネムーンがブームになった。

多い時は年間40万人の新婚夫婦が旅行。

ルートに都井岬があった。

一区切りを迎えた夫婦がまたやって来る。

今度はフルムーンで。

灯台女子会

灯台に行くのはフルムーン夫婦だけではない。

12月深夜に集まった女性3名。

灯台女子会の始まり。

朝4時の伊豆半島の漁港。

釣り船に乗って30分。

目的の灯台が見えた。

神子元島(みこもとしま)灯台。

辺りまだ夜の暗闇。

現存する日本最古の石造り灯台。

女子会のメンバーは各自ヘッドライトを装着。

真っ暗なのでよく見えない。

彼女たちの目的は灯台の消灯。

灯台の灯り消える瞬間を見守る。

6時30分。

灯台の灯りが消えた。

感慨深げ~。

お疲れ様って言いたくなる。

さて、女子会はまだ続く。

無人島の神子元島に上陸。

灯台にハグする女子。

灯台に向かって斜めに立って写真。

まるで灯台にキスしたように見える。

これはSNSにアップ。

失恋がきっかけで灯台が好きになったと言う女子もいた。

灯台の光が自分に向けられていると感じ、癒された。

そして、灯台は理想の男性像。

どっしりした姿が真面目で頼もしい男性。

仕事の嫌なことも忘れさせてくれる存在。

灯台LOVE。

Sponsored Link


灯台最後の日

実はここ10年で約200基の灯台が廃止になった。

原因は船舶のハイテク化。

灯台がなくても位置を正しく認識可能になった。

必要が低下した灯台は廃止される。

2017年11月26日。

北海道釧路町の昆布森灯台。

白と黒の灯台。

昭和35年から働いている。

漁師の石山さんは昆布森灯台に命を助けられた。

霧が多い海域。

灯台のおかげで事故が起きなくなった。

灯台が廃止される日。

石山さんは夫婦でその光景を見守った。

重機で取り壊される灯台。

海の守り神が壊される。

なんとも悲しい。

海上保安庁によると、

今後200基の取り壊しが計画されている。

だが、全ての灯台がなくなることはない。

船舶が多い箇所や危険な場所。

従来どおり灯台は必要なのです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー