TOKIOカケル錦戸亮の運命を変えた安田章大の年の瀬愛とは?


スポンサーリンク

[TOKIOカケル] ブログ村キーワード

2018年1月31日のTOKIOカケル。

ゲストは関ジャニ∞の錦戸亮。

1997年に事務所のオーディションを受けた。

関ジャニ∞結成。

長い芸能生活。

錦戸亮の運命を変えたキーマンがいた。

安田章大のおかげでジャニーズ入所

1997年にオーディションを受けた錦戸亮。

関ジャニ∞のメンバーたちも同時に受けていた。

丸山隆平、大倉忠義、安田章大。

丸山隆平は1996年にもオーディションを受けていた。

2回目なので他の子たちよりも余裕の態度。

錦戸亮にはカッコ良く見えた。

大倉忠義は丸山隆平の次くらいに輝いていた。

安田章大は参加した人たちの住所と電話番号を聞いていた。

安田章大の目的はいまだに不明。

しかし、この行動が錦戸亮の運命を変えた。

錦戸亮の履歴書の電話番号が間違っていた。

錦戸亮と連絡が取れなかった事務所。

そこで役に立ったのが安田章大の住所録。

事務所は錦戸亮に連絡することができた。

安田章大と電話

錦戸亮の入所3年目。

東山紀之の「Secret Agent」に参加。

トントン拍子に仕事が続いていた。

しかし、世の中甘くない。

ある日、仕事が来なくなる。

大阪のアメ村でずっと遊んでいた

ミュージックステーションには丸山隆平と安田章大が出演。

もう辞めようと思った錦戸亮。

普通の仕事を見つける決意をしていた。

それを安田章大に電話でつげた。

「おまえは俺らを見てたかもわからんけど、

俺もおまえのこと見てたし、もうちょい頑張れよ」

錦戸亮は安田章大の言葉で続けることを決めた。

関ジャニ∞の解散を救った⁈

横山裕が出演した時に話した角煮事件。

錦戸亮と丸山隆平がロケ弁の角煮を巡ってケンカ。

角煮で関ジャニ∞が解散する危機を招いた。

この事件の真相を錦戸亮が解説。

まず一番に伝えたいこと。

横山裕はその場にいなかった。

メンバーからのまた聞きを話しただけ。

違うしって言いたかった。

さて、真相はこうだった。

Mステの出演時。

ロケ弁は出演者分しかなかった。

メイクさんなどスタッフ分はない。

錦戸亮がロケ弁を食べようとすると角煮がない。

遠くで丸山隆平がチラチラ見ている。

面倒臭いな~って顔をしている。

丸山隆平はロケ弁が余分にないことを知らなかった。

「いっぱいあるんだから、パクッて食えばいいし」

丸山隆平の態度に腹を立てた錦戸亮。

「お前立て、こら」と胸ぐらを掴んだ。

怒っている錦戸亮に対してキレたのは安田章大。

「年の瀬やろが!」と錦戸亮の胸ぐらを掴んだ。

安田章大は年末をハッピーに過ごしたかった。

安田章大が怒っているのを初めて見た錦戸亮。

もういいやって思って出て行った。

その後ゴメンと謝って終了。

安田章大の”年の瀬愛”が関ジャニ∞解散危機を救っていた。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー