セブンルール山本美緒はリーバイス日本初のマスターテーラー


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2018年3月20日のセブンルール。

リーバイスストア新宿店。

リーバイス5店目のテーラーショップがある。

そこで働くマスターテーラー。

山本美緒が本日の主役。

既成の製品を唯一のデニムにカスタマイズ。

山本美緒のセブンルールとは?

1 根掘り葉掘り聞かない

リーバイスストア新宿店の3階。

そこが山本美緒の工房になる。

カスタマイズの種類は10種類以上。

サイズ調整やダメージ加工などがある。

リーバイスストアのオーダーの流れは、

予約→店頭で打ち合わせ→作業→約1か月後にお渡し。

予約のお客様が来た。

約1時間かけて要望を聞く。

お客様との会話からイメージする。

しかし、プライベートを知られたくない人もいる。

根掘り葉掘り聞かないようにしている。

だからこそ小さな情報は見逃さない。

例えば、この日のお客様。

着ていたパンツの折り返しに髪の毛が入っていた。

美容師さんだと思った山本美緒。

仕事でも使える動きやすいものを提案。

後で番組スタッフがお客様に職業を聞いた。

美容師だった。

2 ミシンをリスペクトする

山本美緒は幼い頃、祖母がよく洋服を作ってくれた。カテゴリー

縫製が好きになったのは祖母の影響。

18歳で上京して服飾の専門学校へ行く。

しかし、ここで挫折を味わう。

周りとの技術の差は歴然だった。

専門学校を卒業した山本美緒。

縫製の仕事に付けなかった。

仕事を転々。

26歳でフリーター。

古着をリメイクする仕事を始める。

28歳の時に転機が訪れた。

リーバイス社の知人に縫製技術が認められたのだ。

マスターテーラーの試験を受けて合格。

日本初のマスターテーラーとなった。

「挫折しまくって本当に良かった」

山本美緒の仕事場には機能ごとに5つのミシンがある。

ミシンは山本美緒にとって職場の先輩。

いつもリスペクトしている。

ミシンの調子が悪い時、

両手を合わせて、「お願いしまーす」。

ミシンを応援している。

3 2つのことは同時にしない

2017年10月。

大阪にテーラーショップがある新店舗がオープン。

山本美緒も応援に駆けつけた。

お客様より絶大な信頼を受けている山本美緒。

1時間くらいカスタマイズの打ち合わせ。

結局、カスタマイズしない時もある。

「(それも)結構嬉しい」と話す山本美緒。

必ずしもカスタマイズを勧めない。

そんな山本美緒には意外な悩みがあった。

ミシンでパンツの裾上げをしていた時、

番組スタッフからインタビュー。

ミシンの操作を失敗。

山本美緒は一つのことしか出来ない。

店の後輩曰く”天然”。

2つのことが同時にできない。

例えば携帯を持ってゴミを捨てに行く。

携帯を捨ててしまう。

一つのことに集中するタイプなんです。

4 どんなに遅く手も夫婦そろって夕飯を食べる

オーダー作業で帰宅が遅くなった山本美緒。

家に着いたのは10時半。

迎えてくれたのは夫の康孝さん。

3年前に結婚したばかり。

まだ新婚さん。

帰ってすぐに食事の支度をする山本美緒。

夜ごはんはちゃんと食べる。

冷蔵庫に大きな張り紙があった。

”ブロッコリー かぼちゃ 里芋”

青果店を経営している夫の康孝さん。

旬の野菜を妻に教えるための張り紙。

メインを山本美緒が担当。

夫は野菜料理を担当するのが常。

11時半に夜ごはん。

共働き夫婦なので話ができるのは夜だけ。

二人はこの時間を大切にしている。

5 休日はデニムを着ない

山本美緒の休日。

ホームセンターへ行く。

工具が大好きなのだ。

今回は初めて行くホームセンター。

その店ごとに扱う商品も変わる。

ゴム板やS字フックにテンションが上がる。

「ディズニーランド的ですね」

ディズニーランドより安上がりである。

休日の山本美緒は普段と違う。

デニムを着ていない。

仕事場ではいつもデニムを身に付けていた。

お客様もデニムばかりを着ていない。

そんな気持ちを忘れないためにも、

休日はデニムを着ない。

6 納得いく糸でしか縫わない

山本美緒は著名人からもオーダーが入る。

モデルの太田莉菜もその一人。

相談しながら形を作る。

二人で共作している感じ。

刺繍の糸選びに苦心する山本美緒。

糸は山本美緒にとって特別な存在。

「目で糸を見た時に見える色と

 実際洋服に塗ったときに見える糸が

 結構 差が出るんですね」

糸選びが出来上がりを左右する。

デニムは様々な種類がある。

そのデニムにあった糸を見つけるのが難しい。

テーラーショップには300種類の糸がある。

しかし、その中から選べないときもある。

そんな時は発注。

糸には妥協しない。

7 針と糸と棺桶に

10月の花を手刺繍する山本美緒。

手刺繍は時間がかかる作業。

もともとはカスタマイズのメニューになかった。

山本美緒が上層部にかけあって実現させた。

世界で一つだけのジーンズが出来上がった。

完成品をお客様は喜んでくれるのか…。

予想以上の出来栄えに喜んでくれた。

ホッとする瞬間である。

針仕事が大好きな山本美緒。

「何も考えずに縫うとしたら永遠にできる」と言う。

ずっと針と糸を手元におきたい。

だから、あの世も一緒。

針と糸も棺桶に入れてほしいというのが願い。

 

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー