セブンルール渡部美佳は愛されて育った完熟苺で苺愛を表現!


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2018年4月17日のセブンルール。

京都烏丸御池にある苺のお菓子専門店。

”MAISON DE FROUGE”。

オーナーは渡部美佳(わたべみか)。

美味しい苺と出会い、

OLから転身。

苺のお菓子専門店を立ち上げた。

苺の魅力を最大限引きだしたお菓子を提供。

苺を愛する渡部美佳のセブンルールとは。

1 95%以上熟した苺しか使わない

リボンで結ばれたミルフィーユ。

ベリー類がたくさん乗ったチーズケーキなど。

見た目も麗しいケーキが50種類以上並ぶ、

”MAISON DE FROUGE”。

見ているだけでも幸せな気分になる。

その日仕入れた苺を適材適所に使用する。

例えば、苺のショートケーキ。

サンドされている苺は”おいCべりー”。

生クリームに負けない味わいがある。

てっぺんにある苺は”恋みのり”。

甘みが強調される苺。

苺の仕入れは渡部美佳が吟味して行う。

品種にもよるが95%完熟した苺を仕入れる。

苺は温度でも熟す。

通常出回っている苺は7~8割り熟した状態。

収穫してから完璧に熟すまで3日くらいを想定している。

渡部美佳は直接農家さんと取引。

完熟した状態で手に入れる。

輸送中に熟すものと違って味に深みがある。

2 ショートケーキの苺は4層

大学を卒業後OLをしていた渡部美佳。

「本当にやりたいことを仕事に選んでのかな」

と疑問を持っていた。

そんな時愛媛県の”さちのか”と出会った。

苺菓子専門店の開業を検討していた友人がくれたもの。

とても味が濃くて、衝撃を受けた渡部美佳。

たくさんの人に食べてほしくなった。

OLを辞めた。

2003年にさちのか苺菓子専門店をオープン。

素人二人で始めたお店。

お客さんが来ない時期もあった。

だが、様々なイベントに出店。

百貨店のバイヤーの目に留まり、

口コミで少しずつ人気が出てきた。

オープンから10年。

友人が結婚を機に仕事を辞めた。

渡部美佳は一人で経営しなければならなくなった。

「甘えていたな」と思った。

この業界で生きるために苺に特化した商品を作る。

そう決意した。

今では30種類の苺を仕入れている。

お菓子を作るのはスタッフに任せている。

しかし、レシピ作りは渡部美佳が担当。

特に力を入れたのが、苺のショートケーキ。

生クリームばかりが当たらないように、

どこをカットしても苺が入っている状態にしたい。

苺を4層にした。

どこをカットしても苺がある。

3 昼はあっさりした料理を食べる

ある日の渡部美佳の昼食。

近所にあるパン屋さん。

注文したのは、玉ねぎのスープだけ。

苺は繊細な味。

濃い味のものを食べると味がわからなくなる。

お腹いっぱいの時に味見するのと違うと思う渡部美佳。

仕事中の食事はあっさり済ませる。

その反動が夜に起きる。

家に帰るとポテトチップスが食べたくなったり、

塩辛いものが恋しくなる。

4 苺は横から食べる

岡山県西粟倉村の”あわくら旬の里”。

ここにも渡部美佳の工房がある。

2016年村の新規事業支援プログラムに応募。

苺への熱意が買われ採用。

村の支援を得て、輸送可能なケーキを作っている。

ケーキはスタッフが担当。

しかし、苺ジャムは渡部美佳が担当している。

苺ジャムの原料は3つ。

苺、砂糖、レモン。

シンプルだからこそ味の調整が難しい。

苺の種類によっても細かな調整が必要になる。

だから、自分の舌で確認しながら作る。

渡部美佳の苺の食べ方は独特。

苺を横にした状態で食べる。

中の色具合、水分量を確認。

全体を食べることでその苺の特徴を掴みやすくなる。

5 年齢は秘密にする

苺の実を仕入れている渡部美佳。

しかし、苺のことをもっと知りたい。

最近では生態や遺伝子についても勉強している。

農家さんや研究者の方に話を聞きに行く。

相手よりも自分の方が年上の時もある。

年上である為に相手に気を遣わってほしくない。

だから、年齢を秘密にしている。

6 愛されて育った苺を買う

気になった苺があれば農園まで出向く。

それが渡部美佳のスタイル。

管理の仕方を見るとわかることがある。

「人柄が苺の味を決める」と言う。

苺はとても手がかかる植物。

ビジネス的な人と愛情をかけている人では差が出る。

愛情深い農家さんは苺に声をかけるらしい。

愛情を込めて育てられた苺を買う渡部美佳。

手をかけた人が得をする。

そんな業界を目指している。

7 無いものは自分で作る

岡山の工房から10キロの地点。

何もない土地。

ここに3棟のビニールハウスを建てる。

渡部美佳は苺を作ることを始める。

「あ これ美味しいな」と思う苺がある。

しかし、収穫量が少ない。

「欲しかったら、自分で作るしかない」

それがきっかけになった。

夏と秋に穫れる苺でも美味しいものがある。

それを知ってほしい。

これが渡部美佳の原点なんだな。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー