セブンルール地明真希は土曜日限定食パン専門店利に賭ける!


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2018年5月15日のセブンルール。

元幼稚園の先生。

シングルマザー。

そして、今はパン職人。

地明真希のセブンルール。

営業は土曜日だけ

食パン専門店、”利”。

日光市野口。

ぽつんとあるパン屋さん。

土曜に行列ができる。

1時間くらいで完売することもある。

”利”の営業日は土曜日だけ。

それには理由がある。

職人は地明真希一人だけだから。

一週間のスケジュールはこうだ。

  • 日曜 事務作業
  • 月曜 コフィチュール作り
  • 火曜 オフ
  • 水曜 仕入れ
  • 木曜 スコーン サンドイッチ作り
  • 金曜 パン作り
  • 土曜 営業日
  • パンを作るのは木曜の深夜から。

わずかに仮眠をして約16時間作業を継続。

パン生地を分割・丸め、成型、二次発酵。

同じ室温と湿度でも焼きあがりは違う。

1 耳まで美味しく

地明真希のパンが焼きあがった。

ほんのりキツネ色。

角に白い線ができている。

発酵や焼き加減が完璧でないと出ない線。

美味しさの印。

地明真希が作る食パンの焼き色は薄い。

焼き過ぎていないので、耳が柔らかい。

子供も喜ぶ美味しさである。

「耳も同じように食べてほしい」

地明真希はパンの耳に拘った。

生でもダメ、焦げすぎてもダメ。

バランスと温度と時間に苦労した。

その結果が今の食パンである。

2 焼き立ては売らない

焼き立ての食パン。

とても美味しそうである。

地明真希は焼き立てのパンを店頭に出さない。

食パンを扇風機で冷ます。

一気に冷ますことでパンの中の水分を閉じ込める。

これでしっとり、モチモチの食感を作る。

冷めた時に美味しいパンが本当に美味しいパン。

3 機械をピカピカにする

地明真希の亡くなった父親。

土木職人だった。

工事中の事故で他界している。

口数は少なかった父親。

レーズンパンが好きだった。

父親が亡くなった後、地明真希はパン作りに打ち込んだ。

父親の死から逃れたかったのだ。

独学で研究すること3年。

2013年5月食パン専門店をオープン。

店名は父親の名前”利男”から一字をもらった。

地明真希には今も大事している父親の言葉がある。

「機械を大切にしないといい仕事はできない」

徹夜でパンをやきあげた後、

地明真希は機械を約1時間かけて磨き上げている。

 

4 箸置きのセットは息子にやらせる

夕方、彼女は息子が待つ自宅のキッチンに立つ。

箸置きのセットは息子が行う。

食事をする前に箸置きと箸を置くこと。

それで今から食事だよというスイッチが入る。

そうすると息子の心の中にもいただきますという言葉が芽生える。

ごちそうさまっていう気持ちにもなる。

 

5 仕入れの帰りは祖母におやつを届ける

食パンと並んで人気なのが利のサンドイッチ 370円から。

たっぷりの野菜とフルーツを挟み込む。

その具材は毎週水曜日、土地のものを直売所で仕入れる。

帰りにもいつも母が経営する美容室に寄る。

そして毎週この時間、近くに住む祖母99歳もやってくる。

祖母におやつを渡す。

この日は、豆かん。

祖母は美味しそうに食べる。

祖母の雰囲気をもらうだけで光をあびるような気持になる。

いつも仕事に追われてギスギスしている自分が一瞬ほどける。

祖母から元気を一杯もらう。

水曜日は元気を仕入れる日。

 

6 食べる人全員と言葉を交わす

木曜深夜から僅かな仮眠だけでパンを焼き続ける。

土曜の朝9時、この日も開店前から行列。

パンは1時間で完売。

お客さん一人一人に声をかける。

わざわざ、自分の夫を紹介する為に来店するリピーターもいる。

接客し、顧客と触れ合うことで元気を貰う。

自分の仕事が誰の為になっているのが解る。

それが来週への力になる。

毎週日曜は母とお出かけ。

母と過ごす時間も大切にしている。

しかし、仕事は一人でする。

地明真希にはたった一人でパンを作り続ける理由があった。

たった一人で作り続ける理由とは?

 

7 利は誰にも渡さない

地明真希一代で築いて地明真希の代で終わらせる。

その理由は独学でパンを研究してきた記録ノートにあった。

この頃のパンは今見ると不味そう。

でも、この経験があって今がある。

その記録ノートには亡くなった土木職人への父へのメッセージが。

亡くなった父へ、こんなに今は頑張っているよと見てもらいたい。

自分も父と同じ職人になったのを見届けてもらいたい。

父は、とにかくおひとよしで仕事には愚直に向かう職人だった。

この父への色々な思い。

店が出来上がるまでの葛藤。

これらのすべてがあっての食パン専門店“利“。

だから、利は自分だけのもの。

彼女は今日もパンを焼く。

打ち込むほどに父に近づけると信じて。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー