セブンルール吉田恵美は米国に愛されたインテリアデザイナー


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2018年5月29日のセブンルール。

吉田恵美(よしださとみ)50歳。

大学受験で医学部を志望。

しかし、挫折。

19歳でいきなり渡米。

それから30年。

世界最大の住宅情報サイト”Houzz”が選ぶ、

「ベスト・オブ・ハウズ賞」を5年連続受賞。

インテリアデザイナーになっていた。

吉田恵美のセブンルールとは?

1 嫌いなデザインを聞く

アメリカミシガン州にある大豪邸。

オーナーは手製薬会社の元社長グレゴリーさん。

吉田恵美は外観も担当。

家具の一つ一つから写真のフレームまで気を遣った。

吉田恵美のこだわりは見た目だけではない。

機能性を備えたものではないといけない。

クローゼットは高い位置に普段使わないものを収納。

クローゼットにハシゴを設置。

使いやすく、安全なものを選んだ。

吉田恵美はいつも依頼主に聞くことがある。

「どういうデザインが嫌いか」

グレゴリーさんの場合は、

「1階のリビングにテレビを置きたくない」

リビングは家族が語らう場所。

相手の意向をきちんと把握する。

それが吉田恵美のルール。

2 息子の送り迎えする

ニュージャージー州モントクレア。

閑静な住宅街に吉田恵美の家がある。

常に10件以上のプロジェクトが同時進行。

吉田恵美は朝は必ずメールチェック。

1日200~300通のメールが届く。

その後は朝食作り。

吉田恵美の一日は忙しい。

父親から手に職をつけろと言われた。

しかし医学部受験に失敗。

19歳で語学留学。

そこで興味を持ったのが海外の建築。

身近なインテリアに心を惹かれた。

アイオワ州立大学芸術学部インテリアデザイン科。

吉田恵美は首席で卒業。

大手建設会社に就職し28歳で独立した。

今は19歳と16歳の息子の母でもある。

吉田恵美には母として大切にしている時間がある。

息子たちを車で送り迎えする時間。

家から5分くらいの距離。

送り迎えする距離ではない。

しかし、これをしないと1日中会えない時もある。

送り迎えは大切な時間なのだ。

3 1セントまで予算管理する

吉田恵美が担当する住宅の施工現場。

何か揉めている。

浴槽も洗面台もサイズが違うらしい。

誰のミスかと数人で喧々諤々。

問題を解決するのは大変。

だが、ここでは普通の風景。

吉田恵美の仕事は多い。

製図の作成・確認、工務店との打ち合わせ。

インテリアの買い付けなどを一人で行う。

吉田恵美が依頼主から信頼される理由がある。

予算管理に厳しい依頼主たち。

それに答える為吉田恵美は1セントも見逃さない。

依頼主からの質問に備えて準備をしている。

4 疲れたら15分”power  nap”する

吉田恵美の家のキッチンは広い。

夫も一緒にキッチンに立つことがある。

夕食の下ごしらえ後。

吉田恵美は椅子に座り、机に置いたクッションに突っ伏した。

眠ること15分。

”power nap”。

疲れた時は一時休憩。

これでまた動きだせる。

5 週に一度はNYへ行く

吉田恵美の自宅から車で1時間。

マンハッタン。

週に1~2回来る。

訪問するのは、

”Decoration & Design Building”

登録制のショールーム。

照明や家具、壁紙などがある。

ここの商品のほとんどがカスタム可能。

新しい商品を作ることもできる。

吉田恵美に刺激を与える場所である。

6 プロジェクトごもお付き合いをする

大豪邸のオーナー、グレゴリーさんのお宅を訪問。

今回は妻のシャーリーンさんもいる。

グレゴリー夫妻とは8年の付き合い。

今まで3件オファーしてもらった。

シャーリーンさんは吉田恵美を妹のように思ってくれている。

吉田恵美はグレゴリー夫妻の息子の結婚式にも参加。

依頼主とは仕事後もお付き合いする。

これが1日数百件もメールが来る理由。

依頼主のお宅を訪問するのは他にも訳がある。

自分が作った空間のアフターケアも兼ねている。

どのように使われているのかを確認。

そして今後のことも考える。

この日も吉田恵美はキッチンの相談を受けていた。

7 薬師丸ひろ子から活力をもらう

アメリカに住んで約30年。

仕事に恵まれ、家族も増えた。

しかし、ちょっと躓いた時日本が恋しくなる。

そんな時、癒してくれるものがある。

薬師丸ひろ子の曲である。

「あなたを・もっと・知りたくて」

「Woman”Wの悲劇」など。

車を運転している時は口ずさむ吉田恵美。

将来チャレンジしたいことがある。

「いつかは日本で仕事がしたい」

吉田恵美の今後の活躍も楽しみである。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー