セブンルール校閲ガール牟田都子は肥後守で心と鉛筆を研ぐ!


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2018年6月19日のセブンルール。

ドラマでもクローズアップされた職業。

「校閲」。

1日10時間以上、文字と接する。

エラーを出さないのが当たり前。

”校閲ガール”、牟田都子(むたさとこ)。

牟田都子のセブンルールとは?

1 鉛筆は肥後守で削る

牟田都子の校閲生活。

月の前半は、大手出版社の校閲部に勤務。

後半はフリーランスの校閲者として書籍を担当。

座りっぱなしの仕事。

冷え防止のために靴下重ね履き。

なんと8枚!

担当していたのは、

「猫はしっぽでしゃべる」。

田尻久子のエッセイ集。

誤字脱字を直すことを校正と言う。

エッセイの中に出てくる表紙の描写が気になる。

”食べ終わったスイカ”

本当に”食べ終わったのか”をネットで確認。

これが校閲。

校閲とは、

内容の矛盾や事実確認、表現の誤りを確かめること。

文章が読者にわかりやすいかを確認する。

引用があれば、それが正しいかどうかも確認する。

”念のために~”が積み重なった仕事だ。

今回の作品の為に確認した資料は30冊。

試し刷りのゲラに鉛筆で記入。

牟田都子のコメントはあくまで提案。

それを採用するかを決めるのは、著者や編集者。

大抵は消されてしまう。

牟田都子が使用する鉛筆は2B。

鉛筆削りは使わない。

手で削る。

小刀で削った方が細く、長く削れる。

肥後守と書かれた小刀

戦後に子供の鉛筆削り用として普及したもの。

amazonでも売っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ゆうパケット対応】肥後の守 ナイフ 120 肥後守
価格:2030円(税込、送料別) (2018/6/20時点)

 

2 著者の過去作を読む

ある日、書店に行く牟田智子

作家・石橋毅史のイベント。

普通、校閲者は作家とは接しない。

仕事は編集者を通して行われる。

しかし、石橋毅史とは3年前から交流がある。

牟田都子の校閲は”?”で終わる文章。

これは訂正ではない提案である。

コミュニケーションだと思った石橋毅史。

校閲の文章以上のことを知りたくなった。

牟田都子の校閲とは作家とのコミュニケーション。

だから、新しく担当する作家がいると、

その作家の過去作を買い集める。

過去作を読むことで作家の特徴を掴む。

「凸凹した文章でも、

それが作家の持ち味ってこともある」

それを見極めたい。

だから、過去作を見て作家を知る。

担当している作品だけを見ているのではない。

大変な仕事である。

3 プライベートでは校閲禁止 

牟田都子の両親も校閲者。

本に囲まれた生活。

大学卒業後、図書館司書になった。

しかし、接客が苦手。

両親と同じ職業に就いた。

牟田都子は結婚6年目。

夫は勤め先の先輩。

つまり、同じ校閲者。

校閲家族。

しかし、夫婦間では校閲をしない。

これが夫婦のルール。

牟田都子の父親は家庭でも校閲していた。

それが反面教師になっている。

家族の揚げ足取りはしない。

しかし、街を歩くと看板の字が気になる。

勝手に 校閲。

これはサガなのか。

4 請求書に絵葉書を添える

一冊の校閲に2週間かかる。

牟田都子は一仕事終えると、絵はがきを買う。

請求書に添えるためのもの。

請求書だけでは味気ない。

気持ち良く支払いをしてほしい。

ストックしている絵葉書は150枚以上。

相手にあった1枚を選ぶ。

今回はベッドの絵が付いたもの。

働き過ぎの編集者へ。

休んでくださいって思いを込めている。

5 毎朝5キロ走る

牟田都子の休日。

鹿児島県にいた。

しかも、フルマラソン大会。

牟田都子のお守りは村上春樹の言葉。

”少なくとも最後まで歩かなかった”。

「走ることについて語るときに僕の語ること」による。

普段はインドアの仕事。

しかし、牟田都子は毎朝5キロ走っていた。

朝走ると、頭が冴える。

10年前から走っている。

どんなに遅くても一歩一歩すすめば終わりは来る。

そこは校閲も同じ。

牟田都子にはゴール以外の目標がある。

47都道府県制覇!

ノートに今までの記録が記されている。

過去10年で14県。

定年までに全国制覇。

コツコツ続ければ達成できるはず。

6 出来上がった本は読まずに2~3年寝かす

担当した本が出来上がってやってきた。

若松英輔の「幸福論」。

柔らかいピンクの表紙。

牟田都子も携わった本。

嬉しくなる~。

しかし、中は怖くて読めない。

「校閲しきれていないのでは…」

本棚に保管。

2~3年経ってから読むことになる。

7 次の人に恩を返す

一作品を終えた牟田都子

しかし、達成感はない。

後悔ばかり。

「もっと何かできたのでは…」

牟田都子には後ろ向きの言葉が多い。

「褒められることの少ない仕事…」

「ほぼほぼ辛いんですけど…」

「こんな神経すり減る仕事はあまりしたくない」

しかし牟田都子を癒してくれる場所がある。

カフェで焼き立てのアップルパイを食べる。

至福の時である。

そして仕事とは関係のない本。

やはり本が好きなのだ。

校閲の仕事をする前。

短い期間で職を転々としていた牟田都子

苦しかった日々。

そんな時吉本ばななのエッセイに救われた。

読んでいる間は、

「何も考えないで本の中にいていい時間」

本と共に生きていた。

本に救われてきた。

だから、次の人に恩を返したい。

誤植はせっかくの読書を台無しにする。

ミスなくきちんとした姿で世に送り出す。

「それが本への恩返し」

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー