プレバト俳句ランキングで東国原英夫が名人9段で一歩リード!


スポンサーリンク

[プレバト] ブログ村キーワード

2018年6月7日のプレバト!

俳句ランキング。

名人9段の梅沢冨美男が降格。

現在、名人8段が3人。

梅沢冨美男のほかに、

FUJIWARA藤本、

そして東国原英夫。

この日、東国原英夫が昇格試験。

さて、その結果は?

今回のお題

雨の季節。

梅雨の駅。

誰もいないベンチに、

傘1本が残されている。

この写真からどんな俳句が生まれるのか?

梅沢冨美男降格を喜ぶ東国原英夫

名人9段の梅沢冨美男が降格。

その事実に思わず、吹き出してしまう東国原英夫。

人の不幸は蜜の味である。

しかし、明日は我が身。

いや、今日は我が身か。

降格は東国原英夫にもやってくる。

上に行くほどに厳しくなる。

東国原英夫は、

「それを超えるような発想と、

    構成を考えてきた」

かなり自信がある様子である。

東国原英夫の句

梅雨の駅の写真で東国原英夫が一句。

「梅雨明けや

 指名手配の

 顔に✖」

東国原英夫が写真をしてイメージしたもの。

それが、”逃亡犯”。

発想が常人と違いますね。

交番や駅に貼られている逃亡犯のポスター。

逮捕されるとバッテンが付けられる。

それを見ると安心。

その安心を「梅雨明け」という季語で受けた。

✖の是非

夏井いつき先生による評価。

ポイントは下の句。

”✖”の是非。

夏井いつき先生の顔が厳しい。

これは嫌な予感が走る。

東国原英夫も苦笑い。

頭を抱えてしまった。

査定結果は?

夏井いつき先生の査定は結果?

1ランク昇格か現状維持か1ランク降格か。

査定結果の紙をゆっくりと見る浜田雅功。

「1ランク~」

いつも以上にじらす。

「どうしよっかな?」

1ランクの続きの言葉は何か。

昇格か降格か。

この後「1ランクぅ~」を4回。

東国原英夫をじらし続けて、

「1ランク昇格!」

東国原英夫の顔がはじけた。

両手はガッツポーズ。

単独で名人9段になった。

夏井いつき先生からお褒めの言葉

昇格の理由は、

「しっかり映像が出来ている」

俳句でやっていけないことは何もない。

「今回は面白いことをした」と評価する夏井先生。

”梅雨明け”と”安堵”の気分は近い。

しかし、嫌な近さではない。

”✖”と表現したことでしっかりと映像化。

これが名人の一番大事な抑えだという。

最後のとどめ。

「梅沢さんにはこの発想は出来ない」

きっと梅沢冨美男は歯ぎしりしていることでしょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー