セブンルール龍崎翔子は現役東大生で5つのホテルを経営する


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2018年7月10日のセブンルール。

ホテルプロデューサー龍崎翔子22歳。

現役東大生。

小学生の頃からホテル経営を志す。

2015年、19歳で母と共に会社を設立。

初めて経営したホテル、

”petit-hotel#MELON富良野”。

現在5カ所のホテルを企画デザイン経営。

龍崎翔子のセブンルールとは?

1 街の空気感をホテルに織り込む

大阪弁天町にある”HOTEL SHE,OSAKA”。

ダンスミュージックが1階のロビーに流れる。

従業員が企画したDJイベントである。

では、龍崎翔子はどこにいるのか?

客室で次の企画を練っていた。

3階建てのホテル。

2階以上はそれほどうるさくない。

龍崎翔子が小2の時。

家族で米国の東海岸から西海岸までをドライブ。

子供には退屈なドライブだった。

楽しみはその日の宿泊先。

しかし、どのホテルも変わり映えしない。

「東大に行き、ホテルを経営する」

小学生からの夢がこれだ。

誰よりも勉強すれば東大に行けると思った。

1日12時間勉強。

努力もしている。

”HOTEL SHE,OSAKA”は内装は青い。

これは大阪=港町をイメージ。

倉庫群が多い街でもある。

差し色にレンガ色を使用。

龍崎翔子は街の空気感をホテルに織り込む。

これを小2の時に考えていたらしい。

スゴイ奴である。

2 二次会は行かない

龍崎翔子が母と設立した会社、

株式会社L&Gグローバルビジネス。

社員20名、従業員50名以上。

第一回社員総会が開かれた。

まだ設立して3年の若い会社である。

最初のホテル経営の時は大学を休学。

ホテルに住み込みをした。

あの時間が龍崎翔子の原点。

そして、ここまで来た。

社員総会の打ち上げ。

終了すると龍崎翔子は直帰する。

二次会に行かない。

夜遊びに魅力を感じないのだ。

仕事人間である。

3 写真1枚で世界観を伝える

京都上京区の”マガザンキョウト”。

オーナーは岩崎達也。

龍崎翔子は岩崎達也とトークイベント。

背景は”HOTEL SHE”の世界観を表現。

運営するホテルの広報活動も重要の仕事である。

イベント終了後。

モデルを使った写真撮影。

オリジナルパジャマを着用。

龍崎翔子は文章よりも1枚の写真を大事にしている。

写真でホテルの魅力を伝える。

ベッドを写すだけではなく、

1枚の写真でホテルの使用体験を想像させている。

4 東大で「習う」ことはやめない

ホテル経営を初めて龍崎翔子に休みがない。

そして、彼女は現役東大生。

忙しさが半端ない。

しかし、独りよがりな勉強よりも、

正しい先生に習った方がいい。

だから、どんなに忙しくても東大に行く。

5 あえてミーハーになる

東京都水道橋のカフェ”いわしくらぶ”。

友人と会う龍崎翔子。

現役の東大生で会社経営する友人たち。

龍崎翔子は水タバコ(シーシャ)を燻らす。

最近流行っている水タバコ。

流行っているには理由がある。

そこに社会的な背景がある。

龍崎翔子は流行を積極的に吸収している。

これも仕事のうち。

龍崎翔子は仕事と一切関係ない趣味は持たない。

6 欲しいものは自分で作る

会社法に関する大学のテキスト。

自分で購入したものを裁断。

スキャナーしてタブレットに取り込んでいる。

本当は電子書籍版が欲しかった。

しかし、ない。

なければ自分で作る。

それが龍崎翔子のやり方。

7 日本を3ミリ面白くする

自然が美しく温泉も楽しめる、

北海道層雲峡。

”ホテルクモイ”がある。

経営難で手放したホテルを龍崎翔子がリノベーション。

「洋服を選ぶ感覚でホテルに泊まる」

それが龍崎翔子の夢。

ホテル業界を変えたいのだ。

そして、街を引き立てることにも繋がる。

龍崎翔子の思いが地元のホテル経営者にも伝わる。

おじさん達をワクワクさせた。

会社のHPにある言葉、

「ITとクリエイティブの力で日本を3ミリ面白く」

3ミリ。

ほんの少しだけ。

それならもう変えているのではないのか。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー