アウトデラックスTETSUYAラルクアンシエルの内装愛とその知識


スポンサーリンク

[アウトデラックス] ブログ村キーワード

2018年8月2日のアウトデラックス。

結成27年のL’arc~en~Ciel。

TETSUYAがゲスト。

リーダーで作曲も担当。

ソロでも活動している。

すごいアーティストなのに、

内装愛が半端ないって⁈

内装を勝手にプロデュース

TETSUYAの内装愛はどの程度のものなのか?

人にアドバイスしたり、

リフォームもすることもあるらしい。

「おまえセンスないからやらせろ」

と勝手にプロデュース。

何パターンも作成して提案。

結構、強引である。

TETSUYAプロデュース

”GRABIS”。

TETSUYAの事務所。

こちらもTETSUYAがプロデュース。

ガラスで仕切られた壁

白い壁。

白く横長のデスクは緩い扇形。

なんか、スタイリッシュ!

TETSUYAはホテルの部屋もプロデュースしていた。

ピンクを差し色にした部屋。

ワインのコルク栓のような椅子も可愛い。

女性が喜びそうな感じである。

枠は細いのが好き

空間を自分好みにしたいTETSUYA。

小さなことにこだわる。

例えば、点検口。

通常、点検口の枠は太い。

これはTETSUYAの美意識に反する。

細い方がシャープ。

ちょっとしたことで部屋は素敵になるのだと言う。

カタログフェチ⁈

TETSUYAはカタログを見るのも好きである。

壁や床などの素材のカタログ。

最新版を取り寄せ、熟読する時が至福の時。

ちょっと変態の域に入ってきている。

新しい建物はチェック。

ついつい壁を叩いて、

構造壁か躯体物を確認。

病気である。

それだけではない。

ホテルでは広さを測る。

メジャーなしで測れるレーザー距離計。

これは便利!

天井の高さを測る水平器。

赤い光線が出てくる。

絵や時計を飾る時に役に立つ。

職人よりも上手い⁈

業者にもダメ出ししたくなるTETSUYA。

スイッチの高さがバラバラ。

床から何センチと依頼したはずなのに…。

出来上がりは数センチずれている。

しかも同じ部屋で高さが違うとは…。

塗装にも厳しいTETSUYA。

怒りたい。

しかし、それはとても難しい技術なのかもしれない。

TETSUYAは自分でも勉強。

ペンキを塗る講習を受け、

壁紙の貼り方も勉強。

どれだけ難しいかを体感。

こういう所はとっても真面目。

そして、上手だった。

ちょっとした職人より上手くなってしまった!

内装が本業に⁈

TETSUYAはスタッフに対しても壁や床の素材を説明。

スタッフも素材に詳しくなりました。

ただし、本来は興味はないんですが…。

内装愛が過ぎて、内装業者がどこかわかるらしい。

これは防音スタジオに限ってだけど。

防音スタジオの施工は特殊。

それでも、どこの仕事かがわかるってスゴイ。

常にリフォームできる物件を探すTETSUYA。

矢部浩之もお願いしたい様子。

TETSUYAの本職が内装ってことになるかもしれない。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー