林先生が驚く初耳学皇居ランに潜む怖い初耳は心臓に関する話


スポンサーリンク

[林先生が驚く初耳学!] ブログ村キーワード

2018年10月7日の林先生が驚く初耳学!。

絶対に耳を塞ぎたくなるタブーだらけの初耳学。

近年、走ることを趣味にしている人が増えている。

東京での人気コースは皇居の外周路。

しかし、皇居ランには恐ろしい初耳学が潜んでいた。

芸能人も走る皇居ラン

皇居の外周路でランニングすることを皇居ランと言う。

1日に約10,000人が走っていると言う。

東国原英夫もその一人。

皇居ランの良いところは、

信号がなく、

緑が多いところだととか。

景観も楽しみながら走ることができる。

スタッフが24時間張り込んでいると、

一際速い人がいる。

カンボニア代表の猫ひろしだ。

トレーニング中だった。

そして今度はとても背の高い女性が来た。

大林素子。

変装が変装になってない。

隠しきれない大林素子。

皇居周りは交通量が多い

「皇居ランは体に悪い!」

林修先生も知らなかった皇居ランの話。

どうして皇居ランは体に悪いのか。

教えてくれたのは、

福岡大学スポーツ科学部、柿山哲治教授。

皇居外周路では交通量が多い。

これが問題1。

排ガスが多い場所でランニングすると、

体の細胞に悪いことが起きる。

約5キロのランニング。

緑に囲まれた場所と皇居周回コースを比較。

ランニング直後に血液検査した。

活性酸素に違いが出た。

皇居ランの方が多く発生している。

体の中で発生する活性酸素は、

排ガスが多い環境で走ると大量に発生する。

活性酸素は老化やガン、動脈硬化などを惹き起こす。

皇居ランの路肩問題

柿山哲治教授の指摘する問題はもう一つ。

皇居ランでは全員同じ方向に向かって走る。

皇居外周の道路は路肩が傾いている。

一定方向に長く走っていると、

左右の足にかかる負担が異なる。

これはランニング障害や歩行障害を惹き起す可能性がある。

走りすぎは体に悪い

皇居ランが体に悪いと言う人は他にもいる。

イムス東京葛飾総合病院の小松宏貴先生。

小松寛貴先生は心臓を心配している。

常に心臓に負担を与え続けると、

蓄積して病気をひきおこす可能性があるのだ。

アメリカの研究者の論文では、

1週間に48キロ以上走ると、

心臓病のリスクが高くなるという研究もある。

ということは、

1日2周を1週間で5日走る人は要注意ですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー