朝の!さんぽ道【木場】59年前に撮影した角乗りの現場を探訪


スポンサーリンク

[朝の!さんぽ道] ブログ村キーワード

2018年10月10日(水)放送の朝の!さんぽ道。

今日は開場間際の卸市場のある豊洲から木場まで散歩。

59年前に撮影した角乗りの写真の場所を探訪します。

豊洲のマンションは工場の跡地に建てられている

肉のイチムラさんは、昭和23年に豊洲に開業。

当時の豊洲の様子を話してくれました。

昔は殆ど工場ばかり。

今、マンションが建っているところは工場の跡地。

歴史を紐解いてみます。

豊洲は1980年代までは工業地帯。

大型船の造船所や火力発電所があった地帯。

石炭、ガス、鉄鋼の供給基地でもあったんです。

そして、セブンイレブン日本第一号店も豊洲。

昭和49年オープン。

空いててよかったのCM懐かしいですね。

写真の現場は木場!

木場は江戸時代から続く材木の町。

昭和の最盛期には川並と呼ばれる職人がおよそ300人も働いていた。

写真の角乗りも川並さんたちの伝統芸。

この木場なら、なにかの証言が得られるはず!

木場公園都市緑化植物園近くの交差点。

なにやら、ブルートレインらしき車両が。

ここは、アタゴールというフランス料理店。

ホテルオークラから始まり、ベルギーで大使館公邸の料理人も務めたオーナーシェフ曽村譲司さんが経営するお店。

残念ながら今日は定休日。

木場角乗保存会

角乗は木場の伝統芸能。

川並が筏を組む仕事の余技として発達。

一本の木に二人で乗る相乗り。

子供を駕篭に乗せて担ぐ戻り駕篭乗り。

例をあげればきりがない。

角乗の技は15種類以上あったそうな。

しかし、昭和44年、木場地域の再開発により川並の仕事がなくなる。

黒船橋

59年前に角乗をやっていた場所が黒船橋両岸。

その当時よりは遊歩道ができた分だけ川は狭くなっている。

昔は角乗をやっている時はお囃子が入っていた。

今で言う生バンド。

それだけ華やかだったので演ずるほうもやりがいがあった。

終るまで緊張の連続。

食事ものどを通らなかった。

この木場の角乗り。

今年は江東区民まつり、10月21日に木場公園で見られます。

江東区民まつりの日程

2018年10月21日

  • 開始・終了時間/11:00~12:30頃
  • 場所/江東区木場4 江東区民まつり イベント池/都立木場公園

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー